mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

「のり蔵」 中華街に隠れている、和風のうっとりするパン屋さん

ある日、中華街を歩いていると見慣れない看板を発見!
ふっくらしたパンのオブジェと小麦が飾ってあり、OPENが2014・12・28とあったので、「パン屋さんができたのね〜」と、夜、再び通りがかった折りに、看板の指し示す小路をのぞきこんでみると、とてもパン屋さんがありそうには見えません。

その代わり、見慣れない、和風の建物が、ほんのりとした灯りの中に浮かび上がっています。

近づいていくと「のり蔵」という看板、和風小物やさん風なお店が。中をのぞいてみると、売っているのは本当にパンの様子です。

どことなく幻想的な雰囲気だったので、(そんなことあるわけありませんが)「実は、きつねのパン屋さんで、朝起きたら、パンがこの葉に変わっているといけない」と、翌朝、改めて行ってみたら、とてもすてきなパン屋さんでした。

はじめに目を引くのは、すりガラスの入った美しい引き戸。そして、左手に飾られた鬼と中央の扉、レジになっている和ダンス、パンを置いてあるのは美しい塗りのお盆やお膳。

パントレーもトングももちろん、和風。
パン以前に、お店を彩る小物たちに目を奪われて、ドキドキしてしまいます。

メインのパンも、和三盆のパンなど和風テイストなものから、ヨーロッパテイストのもののほかに、「のり」を使ったパンが、ちらほら、目に入り、
お店に漂うパンの香りが濃厚で食欲をそそるし、ありそうで、ないかも、というラインがたくさんあるので、どれを選べばいいか迷ってしまいます。

迷いに迷って、買ったのがこちら。
塩小倉(180円)。じゃがばためんたい(260円)。シナモンフレンチトースト(160円)

いただいた共通の感想は、初めての味ではないけれど、どれも印象に残る品の良さで、しとやかなのに存在感が濃厚だということ。何より、パンのもちもち感にうっとり。

かぼちゃ食パン(450円)

焼かないでも、このまま、モチモチ感が楽しめます。ほのかに甘い香りがいいです

(しらすと海苔のクロックムッシュ 280円)
しらすと海苔のクロックムッシュ 280円

ちょうど焼き立てだったのもありますが、ともかく新鮮な感じです。
海苔とパンって、良く合いますね〜。

新しく出来たお店は、その土地になじんで、独自のスタイルが出来上がるまでに1年くらいかかることが多く見受けられるのですが、「のり蔵」さんは、お店の隅から隅まで、しっかりしたコンセプトが感じられます。

こういうじっくり考え抜かれたお店に伺うと、自分の中のブレている部分が、お店のパワーにつられて、しっかりしてくることが多いし、

のり蔵さんは、パン屋さんとしては珍しく、ディスプレイで、季節感を演出しているので、「自分ってなんだかなぁ」という時は、お店の美しい装飾でリフレッシュして、おいしいパンで元気を充電させてもらえそうです。

「のり蔵」さんを真似して、例えば、お正月しか使わないおせち入れを出して、「のり蔵」さんのパンを詰めて、友達と和風アフタヌーンティーパーティーをしてみるのも楽しいかも。

あまりのモチモチ感に、米粉を混ぜているのかと伺ったところ、国産小麦だけを使って、あとは熟成時間や水の加減で、独特の風合いを出しているそうです。
小麦、奥が深いですね。

ちなみに、パンをとりまくものに和風を貫こうとしているから、お店の名前が「のり蔵」なのかと思ったら、お店のご主人のあだ名が「のり蔵」なので、それにちなんだ、お海苔のパンを作ったとのことでした。

のり蔵

京都の町屋のような、和テイストの隠れ家的パン屋さん。
季節感のある和風のディスプレイも見ごたえあります。

国産小麦にこだわったパンはモチモチ感たっぷり。
上品な味わいで、和風アフタヌーンティーや、ホームパーティーの手土産にもピッタリです。

  • ショップ・スポット名
    のり蔵
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山下町81
  • 電話
    045-264-9751
  • 営業時間
    10:00〜18:00 月曜日定休 月曜祝日の場合、火曜日休み
  • クレジットカード
    近日中に設置予定
  • 駐車場
  • 喫煙
    不可
  • 予約
  • サービス料・チャージ
  • 平均利用額
    300〜1500円
  • 個室
  • 総座数
  • ペット
    不可
  • テイクアウト/お弁当
  • お子様メニュー
  • ドリンク
  • コース料理
  • 貸切

マップ

関連記事

  • ゆったりとしたアジアの雰囲気 鎌倉駅目の前の一軒家カフェ

  • 辛くないけど、スパイスしっかり 揚げたてに遭遇したら迷わずGETを!

  • 香味豊かな刺激へ導く辛みの貫録

  • 麺の源流をたどる世界「麺ロード」の旅へ!