mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

野毛で50年以上愛されてきた深い味わい

野毛で50年以上愛され

新店舗へと引き継がれた

濃厚スープのたんめん

【三幸苑】

昭和38年創業で、たんめんの名店として長年愛されてきた三幸苑。一昨年の暮れに「閉店」のニュースが流れた時は、ショックのあまり涙したファンも多かったと思います。ところがどっこい、三幸苑の味は引き継がれているのです!

引き継いだのは、三幸苑で10年以上働いてきたお母さんとその息子たち。お店は野毛坂を少し登った辺りに移転しましたが、新装オープンとなった分キレイになったので、「入りやすくなった」との声もチラホラ。

肝心のお味の方はというと…まろやかで味わい深い白濁スープは健在です。白菜やモヤシなどの野菜もたっぷりなら、ニンニクもたっぷりなので、ランチにいただくにはちょっと気が引けますが、つい、最後の1滴まで飲み干してしまいました。もちろん、太めの麺との相性もばっちり!

サイドメニューの人気者、ギョウザも健在。アンがたっぷり入った、ふんわり優しい味わいは、毎日仕込む手作りならではのおいしさです。

ちなみに、ランチタイムなら、たんめんに+50円で半ギョウザ(4個)が付いてくるので、とってもオトク!

そして、こちらがウワサのちゃーめん。漢字で書くと「炒麺」だから焼きそば?と思いきや、似て非なるもの。店内には「パスタに似て非なる」との貼り紙もありますが、確かに、たんめんと同じ太めの平打ち麺は、パスタのようでもあります。とはいえ、こってり濃いめの味付けは三幸苑ならでは。さらにラー油をかけていただくのが「通」の食べ方なのだとか。

具はモヤシ、ニラ、バラ肉、タケノコ。コショウがピリッときいてます。

平打ち麺は短くカットされているので、太さといい長さといい、モヤシと見えわけが付きません…。こちらもニンニクたっぷりでボリュームがあるので、女子にはハードルが高いかも。でも一度食べたら間違いなくクセになるので、要注意です!

昭和38年創業の野毛の名店、
旧・三幸苑から暖簾と味を引き継いだ
「たんたんめん」「ぎょうざ」の店。
ニンニクたっぷりの「ちゃーめん」も人気。

  • ショップ・スポット名
    三幸苑
  • 住所
    横浜市野毛町3-135 中屋ビル1F
  • 電話
    045-231-4450
  • 営業時間
    ランチ:10:30〜15:00(土日は10:00〜)/ディナー:17:00〜22:00(金土は〜23:00)  *月曜定休  *土日は通し営業
  • サービス料・チャージ
    無 
  • 平均利用額
    【ランチ】¥850 【ディナー】¥1,500
  • 総座数
    28席

関連記事

  • ジュワッと肉汁があふれる、ジューシーなハンバーグ

  • 焼き野菜×チャーシュー×味玉

  • ブルックリンスタイルで、自由に美味しさを楽もう

  • 黒酢の酸味と香りがクセになる!具だくさんのサンラータン麺