mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

声優・歌手・女優とマルチに活躍中の「寿 美菜子」さん!

新たなステップを迎えた今年 “寿ロック”を体感してほしい

達成感と自信を得た昨年
今年は再び全国ツアー
に挑戦

『けいおん!』の琴吹紬役をはじめ、『アイカツ!』、『ドキドキ!プリキュア』など日本を代表するアニメで活躍する声優、寿 美菜子さん。癒し系の女子高生からクールな少女戦士まで、はたまた海外ドラマ『ゴシップガール』では意地悪なセレブ女を演じ分ける若手の人気声優だ。2009年からは声優ユニット“スフィア”を組み、音楽活動をスタート。ソロとしても、これまでにシングル7枚、アルバム2枚をリリースし、勢力的に音楽活動を行う中、今年4月にはセカンドアルバム『Tick』を引っさげた全国ツアーが決定。神奈川県民ホールにお目見えする。
「ライブではすごく元気だね!って言われます(笑)。でも声優の仕事とスタンスは全く同じで、どちらも私の大事な表現活動の一部なんです。去年はソロツアーやセカンドアルバムのリリース、舞台もあり、幅広くお仕事をさせていただきました。いろいろな活動を通じて、これまでのモヤモヤした不安が消え、最終的に自信に変わった。アルバム『Tick』では初めて“やりきった”達成感が味わえた。表現を突き詰めたからこそ、次のステージに上がれた感じがしたんです。だから2015年は、新たなステップの時。先の5年を見据えた、自分探しの時期になるんじゃないかと楽しみです」
日本ではまだ少ない、エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)をベースにした歌とダンスは一見の価値あり。現場でしか味わえない一体感を、ぜひ会場で体感して欲しい。
「私の軸は“寿ロック”と呼ばれる現場でのライブ感。神奈川県民ホールでも、どれだけ白熱して、開放的かつ爆発的に楽しめるかを模索中です。何も考えずに気軽に遊びに来ても、必ず楽しんでもらえるライブにしたいですね。もうひとつの見どころ“寿ダンス”も、基礎を復習したダンスレッスンを積み重ねて強化中。パワーアップしたダンスがお見せできると思います」

声優の視点からの
漫画と映画の楽し
み方

寿さんが声優を志したのは14歳の頃。今の事務所のオーディションに合格したのをきっかけに、声優の道が切り開かれた。高校3年生の時に、実家の神戸から横浜市内へ引っ越し、活動拠点を東京に移した。
「横浜に住んだのは1年ほどでしたが、神戸と同じ港町で、海が近く雰囲気が似ていたので安心できました。当時は洋服や衣装を買うのは、だいたい横浜駅のショッピングビルでしたね。一昨年、免許を取ったのですが、“高速に乗る”目標を実現できたのも横浜へのドライブがきっかけでした。普段はタクシーや電車で行くコースを、自分の運転で走るのがとても気持ちが良かった! 途中で富士山が見えたときにはテンションが上がりましたね」
最近ハマっていることを聞くと、お風呂で漫画を読むことと映画鑑賞をあげてくれた寿さん。漫画と映画の新しい楽しみ方は、声優という特別な職業ならではの視点とも言える。
「アニメ化される漫画は、漫画の空気感を大事にして作られることが多い。漫画を読んで自分がどう受け取るか、自分ならどう表現するかを妄想しながら読んでいます。今は『BECK』を毎晩お風呂で1巻ずつ読破中。もう29巻まできて、もうすぐ終わるのがさみしい。お風呂に入る一番の楽しみになっていますね。映画は、30代から60代ぐらいの女性が主人公の作品が気になっています。自分が将来こうなりたいと思える女性のアイコン的なキャラクターに出合えたらいいな。映画の起承転結の描かれ方もチェックするポイント。作品全体で、声優としてどう表現方法に違いをつけるかの勉強になるんです」

◆横浜のココが好き!「マークイズ みなとみらい」◆

「初めて乗った高速で向かった場所がこちら。軽井沢に本店のある『酢重正之商店』で買い物をするのが目的でした。伝統製法でつくられたこだわりの味噌やしょう油がお目当て。ギフトにもおすすめの調味料が揃います」

◆もっともっと! 知りたい!
寿 美菜子さんのコト◆

———————————
■性格をひとことで表すと?
マイペース

■ 旅行したい場所は?
NYかハワイ

■異性のフェチポイントは?
ふくらはぎ。筋肉がつきすぎず、細すぎず。くるぶしにかけての細さ加減が気になる

■死ぬ直前に食べたいものは?
母が作ったナポリタン

■特技は?
フラフープをずっと回せる

■自分を動物に例えると?

■好きな寿司ネタは?
甘エビ、つぶ貝

■好きなパンは?
明太子フランスパン

■お風呂では、体のどこから洗う?
足先から

■最初に買ったCDは?
猫が歌うクリスマスソングのCD

■人生のモットーは?
ポジティブ
———————————

◆ 本誌に載せられなかったインタビューのこぼれ話を公開!◆

洋服が好きで、おしゃれも大好き。トレンドファッションを上手に着こなす“クールで素敵なお姉さん”という印象の寿さん。昔から「年齢よりも大人っぽいね」と言われることが多かったそう。

「14歳で今の事務所に入り、声優を目指したのもその頃。人より早く夢を見つけ、社会人になるタイミングが早かったからかもしれないですね。今の私の年齢で社会人になる人がほとんど、私が昔悩んでいたようなことを、みんな今悩んでいるんだろうな…と思います。私の場合は、年上の人と話して『今どういう感じですか?』って聞くのが、将来を考えるときに一番リアリティがある。ただ、年相応らしさも忘れたくないから(笑)友達ともしっかり遊ぶ。将来を考えることと、今ちゃんと遊ぶことの両立を目指しています」

昔からたくさんの映画を観てきた寿さん。その中でも、ずっと変わらずに心に残っている作品が『河童のクゥと夏休み』なのだそう。

「とても感動して大号泣した記憶に残る作品です。物語としてきちんと起承転結が描かれていて、かつ人として忘れてはいけない大切なことを描いている心温まる名作。この業界にいると、何もしなくてもステージに立ち、まわりから特別扱いされることが多い。いい意味でも悪い意味でも、勘違いすることがよくある。冷静さを思い出し、1人の人間として生きることを思い出させてくれます。監督は、クレヨンしんちゃんの映画シリーズを手がける原恵一監督。いつか原監督と一緒にお仕事するのが夢ですね」

◆PROFILE◆
寿 美菜子 1991年 兵庫県生まれ。関西を中心に子役として活動中に、2005年「ミュージックレインスーパー声優オーディション」に合格、声優の道へ。2009年に声優ユニット“スフィア”を結成し、音楽活動をスタート。2010年9月ファーストシングル『Shiny+』でソロデビュー、2012年9月にファーストアルバム『My stride』をリリース。2014年9月に発売したセカンドアルバム『Tick』を引っさげ、東京・大阪・名古屋・横浜をまわる全国ツアーが決定している。代表作は、『アイカツ!』(神崎美月役)、『けいおん!』(琴吹紬役)、『ドキドキ!プリキュア』(菱川六花/キュアダイヤモンド役)、『夏色キセキ』(逢沢夏海役)、海外ドラマでは『ゴシップガール』(アイヴィー/チャーリー役)など。
http://www.kotobukiminako.com

◆リリース情報◆
寿美菜子 3rd Live Tour 2015“Tick Tick Tick”

5月5日(火・祝)
神奈川県民ホール
前売り¥6,800(全席指定)
問い合わせ:キョードー横浜
http://www.kyodoyokohama.com

オススメ!掲載記事

関連記事

  • ヨコハマのディープカルチャーストリート「関内桜通り」へGO!

  • 大人だけに許された空間、ホテルのシガーバーで特別な一杯を

  • ねこを愛する気持ちがあふれてる! ねこだらけのあったか〜い写真展

    開催期間:2018.02.20〜2018.04.08
  • お花で表現した“春のランチタイム”♪