mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

不思議に静かな時間が流れる空間

昭和8年創業

横浜の音楽シーンを牽引する老舗ジャズ喫茶

【ジャズ喫茶ちぐさ】

レコードやオーディオが高級品だった時代。町にはコーヒー一杯で好きなだけレコードを聴かせてくれる喫茶店がありました。「ちぐさ」はその先駆けといえる存在です。ジャズと聞くと、難解で敷居が高いイメージがありますが、「ちぐさ」は開放した窓から音楽が溢れている日もあったので、思い切って足を踏み入れてみました。

コーヒーを注文して席に着くと、正面には巨大なスピーカーがドーン!

壁際のラックには膨大なレコードコレクションがずらり。

なんとも緊張感のあるシチュエーションですが、周囲を見回すと、皆さんリラックスして音楽を楽しんでいらっしゃるご様子。ジャズもオーディオも詳しいわけではないけれど、アナログならではの温かみのある音が心地よくて、たっぷり1時間ほど聞き入ってしまいました。

昭和8年に創業した「ちぐさ」は、第2時世界大戦前、日本ジャズの黎明期からモダンジャズ全盛の1960年代、そして現在まで続いている最古のジャズ喫茶のひとつ。

創業者である吉田衛さんは、ジャズ喫茶のオーナーとしてだけでなく、企画立案・後見人として横浜の音楽シーンにも深く関わって来た方です。世界のジャスシーンで活躍する秋吉敏子さん、日野皓正さん、渡辺貞夫さんなどが足繁く通い、ジャズに酔いしれたというのは有名な話。

平成6年に吉田さんが亡くなった後、地域の再開発もあり、お店の歴史は一度幕を下ろします。けれど平成24年、店の場所に移転し、野毛の町と常連客の有志によって営業を再開。現在はNPOとして運営されています。

お店で使用しているイスやテーブル、灰皿、看板なども、すべて有志の手で保管されていたものだとか。オリジナル製作のオーディオ機器は、移転に合わせて設計者監修のもとでメンテナンスを行い、現役続行中。歴史の重みを感じます。

かつて「ちぐさ」があった場所に埋められた、横浜焼きのプレート。野毛の人々とジャズへの愛が詰まっています。現在はマンションが建っていますが、プレートは誰でも見られる場所にあるので、ぜひ探してみてください。

 

ジャズ喫茶ちぐさ

昭和8年(1933年)創業。日本で最も古いジャズ喫茶のひとつ。創業者である吉田衛は、創業当時から「音を聴くための店作り」を続け、ジャズ喫茶のオーナーとしてだけでなく、企画立案・後見人として横浜の音楽シーンにも深く関わり、その生涯は最後までジャズとともにあり続けた。現在は一般財団法人として運営されている。

  • ショップ・スポット名
    ジャズ喫茶ちぐさ
  • 住所
    横浜市中区野毛町2-94
  • 電話
    045-315-2006
  • 営業時間
    【火~土】12:00〜22:00 【日・月】12:00〜18:00
  • サービス料・チャージ
  • 総座数
    20席
  • URL

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 江ノ電を近くに感じながら 木漏れ日が差し込む 気持ちのいいカフェ

  • 福島支援バスツアー

  • アメリカ ミシシッピリバー沿いを横断。水辺の町で過ごす癒しのひと時

  • アメリカのレトロ可愛いファンタジーの世界へトリップ