mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

冬のメニューに欠かせない「大根」

煮る、蒸す、炒める、生食、と幅広く調理でき、根から葉まで無駄なく食べられる大根。
縄文時代〜弥生時代に渡来し、全国に広がったため全国に様々な品種がありますが、「青首大根」が代表的で、通年お店には出回っています。
でも、みずみずしく甘味が増す旬の時季は冬。夏に出回るものは少し辛味が強いものになっています。


根の部分は、栄養価は高くないですが、水分が多くヘルシーなのが特徴。また、葉の部分はビタミンCやE、カリウム、カルシウム、βカロチンなどを多く含む緑黄色野菜となっています。
大根の辛味はアリルイソチオシアネート(芥子油)と呼ばれる成分によるもので、抗菌作用があるといわれています。


葉の近く…辛味が少なく硬めなので、サラダや炒め物に向いています。
真ん中…みずみずしく柔らかい上に、最も甘みがあるので、おでんやふろふきのような煮物におすすめ!
根の先に近い部分…辛味が強いので、おろしに向いています。また、マリネや和え物にも使えますよ!
…栄養価が高いので、捨てずに使いましょう!炒め物にしたり、細かく刻んでチャーハンにしたり、味噌汁の具に使うのもおススメです!ちりめんじゃことゴマと一緒に炒めて、ふりかけにしてもおいしいですよ♪


繊維に沿って切ると歯ざわりがよくなります。(サラダにはこの切り方がおすすめ!)
繊維に対し直角に切ってしまうと、折れやすく、しかも長さがまちまちの物が出来てしまいます。

また、煮物などに使う厚めの大根を調理する際には、中まで味が浸み込むように「隠し包丁」や角を削る「面取り」をしましょう!大根の繊維に沿って格子状に切り込みを入れると更に浸み込みが増しますよ。


味が染み込む「ぶり大根」

今が旬のぶりを使った煮物「ぶり大根」。味が浸み込んでいて本当においしいですよね。
大根の葉はお味噌汁の具にも使いましたよ!

【2人前】
ぶり 2切れ
大根 適量
150〜180cc
醤油、みりん 大さじ2
砂糖 大さじ1
おろし生姜 大さじ1〜2

関連記事

  • ブロッコリーの豆知識

  • 本場タイの味に新発見!? 日本人好みで親近感も!

  • おいしく食べて、飲んで 地産地消×東北支援!

  • 気分はまるで海外の避暑地!? おいしくて優雅なひとときを