mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

ゆっくり、のんびりできるカフェ

山手の丘にあるエリスマン邸内にある「しょうゆ・きゃふぇ」。
しょうゆきゃふぇ

店内の席、目の前に広がるガラス越しから、自然豊かな緑林を眺めながら、四季折々の料理をいただけます。

時季によってメニュー内容は変わり、旬の食材を使って作られる料理の数々はどれも絶品!!

夏終わり初秋にかけての時期にいただいたのは、シェフ自ら樹海に入り、採取したきのこをふんだんに使って作るフィットチーネ。

「フィットチーネ、具だくさん、栗とキノコのラグーソース(1,404円)」

しょうゆきゃふぇ

「とにかく具だくさんで美味しい!!」とホズミンも大満足。

さらに、

「夏は冷製パスタに野菜や海鮮がたっぷりとのって美味しかったですよ〜」とホズミン。

そして…
デザートも最高に美味しいのです。

しょうゆきゃふぇ
甘さとしょっぱさがコラボした「甘露しょうゆパフェ(864円)」。

手作りのジェラート2種に旬のフルーツをたっぷりと。
付け添えのみたらしソースをかけていただきます。

意外な組み合わせながら、これがすごくよく合う!

珍しいフルーツも使われていますよ。
しょうゆきゃふぇのスイーツ

斬新なスイーツをもう一品ご紹介!
しょうゆきゃふぇのスイーツ

上から見るとこんな感じ。
しょうゆきゃふぇのスイーツ
「生プリン(648 円)」

シェフがコトブキ園の恵寿卵に出会い、その美味しいさに感動したことから生まれたそう。

こちら、下のブラマンジェと上にのった卵黄を同時に食べるとあら不思議…なんと口のなかでプリンに変身。

クリーミーでまろやかで。
まさに至福の時。

スイーツメニューも充実で、ランチにだけでなく、優雅なティータイムも楽しめます。

店内ものどかな雰囲気で、六川シェフの料理する姿も良く見えます。

料理やスイーツを楽しんだ後は、お土産にぜひおすすめしたいのがこちら。


もろみで発酵させ、2年熟成の甘露醤油を表面に塗った「醤油ぱん(486円)」。

香ばしさが後を引きます。

六川シェフの料理に舌鼓したホズミンなのでした!
ホズミンとしょうゆきゃふぇの六川シェフ

しょうゆ・きゃふぇ

山手の丘に佇むエリスマン邸内に登場した「しょうゆ・きゃふぇ」。まるで森の中にポンと現れたような極上のロケーションと見た目も美しい料理の数々を楽しむことができます。

  • ショップ・スポット名
    しょうゆ・きゃふぇ
  • 住所
    横浜市中区元町1-77-4 エリスマン邸内
  • 電話
    046-621-4890
  • 営業時間
    10:00〜16:00
  • サービス料・チャージ
  • 平均利用額
    ~1,000円
  • ペット
    不可
  • お子様メニュー
  • ドリンク
  • コース料理
  • URL

マップ

関連記事

  • レモンのセミフレッド 〜 夏の涼やかスイーツ・2 〜

  • スイスの老舗チョコレートアイスでリッチな気分に

  • テーブルを華やかにするローズカラー ハートで女子力UP!

  • ここに来れば“なんくるないさ〜”沖縄料理と泡盛で至福のとき