mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

市民に開かれたアートな空間で、想像の翼を広げる“あれこれ”に出会う

みなとみらい線・馬車道駅から1b出口から直結、野毛・桜木町口の場所にあるYCCヨコハマ創造都市センター。

1929年に建設された歴史的建造物「旧第一銀行横浜支店(一部復元)」を用いた施設で、『集い+出会い+発見し+つくる=みんなで創造する』をテーマに、ギャラリー、カフェ、コワーキングスペース(シェアオフィス)、ものづくり工房、イベントスペースというなどさまざまな機能を備えた、横浜のクリエイティブ拠点です。

クリエイターやアーティストをはじめとした個人から、企業やNPOなどの組織・団体、子どもから大人まで、地域の人々に開かれた場所として利用されています。

1Fギャラリーでは、定期的に若きアーティストに焦点を当てた小規模な美術展覧会「YCC Gallery」を開催。また、現代アーティストに焦点を当てた美術展覧会やパフォーマンス公演といった企画展「YCC Temporary」も開催・実施しています。

こちらは、YCC Temporaryの第三弾の美術家・鬼頭健吾氏による展覧会「YCC Temporary 鬼頭健吾」で、〜2017年9月17日(日)まで開催。

 鬼頭健吾「eraser cave」2017
 YCC Temporary 鬼頭健吾 展示風景

その時々で、さまざまなアーティストの展示が楽しめる「YCC Gallery」、「YCC Temporary」をぜひチェックしてみてください。

YCCヨコハマ創造都市センターの魅力はそれだけではありませんよ。

1Fには、「カフェ オムニバス」が。


高い天井に大きな窓、驚くほど贅沢な空間がそこにはあり、まるで海外のカフェのよう。クリエイターがデザインしたフードカートが設置されるなど、海外のマルシェをイメージしたというアートな雰囲気は必見です。

ランチ、ティータイム、ディナーと用途に合わせた利用が可能です。

こちらはランチ一番人気の『オムニバスバーガー』。
自家製豚ハムに赤キャベツとマンゴーがのった目にも鮮やかなバーガーで、まさにフォトジェニック★

『オムニバスバーガー』本日のデリプレート3種盛り、ドリンク付きで950円(税込)

デリも付くから野菜たっぷり食べられて女性にはうれしいランチ♪
横浜野菜も使用しているそうですよ。

おすすめは、こちらの窓側の席。
外の景色を眺めながら、ゆっくり食事を楽しんで。

最後にスタッフさんをパチリ。

そして、3Fにある「ファブラボ・ベータ・馬車道」も覗かせていただきました。

こちらは、毎週木曜11:00~16:00で開放される「ものづくり工房」の通称『ファブラボ』。

布に転写できる昇華プリンターや、データ通りに紙やシートをカットするカッティングプロッター、ウォールシールやステッカーを作れるフィルムなどを利用して、本人が作りたいものを制作できる、ものづくりが大好きな人にとってはたまらない場所。もちろんものづくりが苦手、でもトライしたい人もご安心ください。

スタッフの方がサポートしてくれます。

「自分の作りたい物を作るのがここのスタイルです。でも、できない人はしっかりサポートしますよ。『これを作りたい』と言ってもらえれば、『こうやったら作れるかも…』と一緒に考えて、できる方法を探します。まずは一度遊びにきてくださいね。」
と話してくださったのは、造形作家でもあり、ファブラボの広報担当の佐藤蕗さん。

今回は、昇華プリンターって何?
…と、全くのド素人、ものづくり初心者の人でも楽しく体験できてしまう、プチワークショップ「切り絵トートバッグづくり2600円」を体験させてもらいました。他にも、見た目も楽しい、写真人形づくり(1500円)もあります。当日ぶらりと体験に立ち寄ることもできますが、事前予約が当日スムーズなのでおすすめです。

さて、早速トライ♪

まずは、用意されたオシャレな絵柄(図案)が描かれた紙のなかから、好きな絵柄をチョイス。バッグにプリントするので、バッグのサイズに合わせてチョキチョキします。ここはわりと大雑把でOK。紙をイニシャルでカットすれば、文字をプリントできますし、ここは自由に想いのままに楽しみましょう。

バッグ裏は違う絵柄にしてみました。

紙の色よりも実際は濃くプリントされるとのこと。これがどんな風にプリントされ、発色するのかドキドキです。

いざ、昇華プリンターの前へ。バッグと紙をセット。

レバーを思いっきり強くガシャンと押します。

すると、できあがりまでの秒数が印字され、約30秒ぐらいでできあがり。

わ~!!プリントされている。

思ったよりも色鮮やかです。そしてオシャレなバッグに仕上がる予感♪
裏面もプリントして無事完成。

いかがでしょう?
切って、ガシャンとプリントしただけで、あっという間に完成したこのバッグ。

手作りだから愛着もひとしお。プリントはポリエステル100%が一番キレイにプリント発色するそうです。

実際体験してみると、ここにある機械で色々な応用範囲がきくことが分かります。

リピーターさん利用も多いという『ファブラボ』。自分の好きな画像を持参し、プリントして、Tシャツなどにプリントも楽しそうですよね。想像力が刺激される場所です。親子で体験する人も多いということで、ぜひ一度プチワークショップに参加されてみてはいかがでしょう?

こんな風に、ギャラリーでの展覧会他、カフェやファブラボなど、楽しい要素が満載のYCCヨコハマ創造都市センター。
ぜひ行かれてみてください!

YCC ヨコハマ創造都市センター

YCCは、”人々が出会い、交流と創造が育まれる場となること”を目指して、創造の担い手たちの活動を強力にサポートします。

  • ショップ・スポット名
    YCC ヨコハマ創造都市センター
  • 住所
    横浜市中区本町6-50-1
  • 電話
    045-307-5305
  • URL

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • mireaの森へ出かけよう!

  • 季節や展示によって変わるグッズも。いつ行っても新しい発見が!

  • 11月号、お手にとっていただけましたか?

  • 不思議に静かな時間が流れる空間