mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

日本酒の“今”を知りたいならここへ 最新事情に精通したラインアップ

日本酒やワインに関する著書も多い「横浜君嶋屋」社長の君嶋哲至さん。「日本酒は苦手という人こそ、無農薬で作られた日本酒など、現在台頭している新しい日本酒を飲んでほしい」と力説。エキスパートが太鼓判を押す日本酒を教えてもらいました。


音楽が大好きで、オリジナル曲「ぽん酒が最高」もリリースする君嶋哲至さん。手にするのは、注目の無農薬米で作られた「綿屋 純米大吟醸 黒澤米」720ml 2,754円

最近増加中のスパークリング。1本選ぶなら?

「鮮」は感動のおいしさ! シャンパーニュ同様、瓶内で二次発酵させたスパークリング。昔ながらの酵母を使ったミルキーな味わい。
活性純米吟醸「鮮」(石川・松浦酒造)500ml 1,944円

ワイン好きにもおすすめの日本酒は?


新政は甘酸っぱさがあり洋食にも合う。佐藤祐輔氏が8代目蔵元に就任して以降、革新的な酒を次々に生み出し、現在の日本酒の新しい流れを牽引している。
新政純米「クリムゾンラベル」(秋田・新政酒造) 720ml 1,446円

いま、話題の蔵といえばどちら?

NHK連続テレビ小説「マッサン」で話題の「竹鶴酒造」。木桶で温度コントロールを行わず作られた、濃厚な辛口酒。複雑で通好みの味わいはお燗でも美味。
「小笹屋 竹鶴」生もと純米原酒(広島・竹鶴酒造720ml 2,700円

今後注目されるお酒はどんなもの?

原料の“米”を大切に、無農薬・除草剤不使用の酒米で作られたもの。ビオワインと同じように、ナチュラルな製法で作られた日本酒は染み入るような優しさ。
「佐久の花」山廃純米原酒 宮下米(長野・佐久の花酒造)720ml 1,420円

日本酒、ワイン、焼酎などを全国から選りすぐり販売している、明治25年創業のお店。「日本全国の小さな蔵元から、世界各地のワイナリーまで、自分の目利きで選んだものをお客様にお届けしています」という君嶋哲至社長は、(社)日本ソムリエ協会副会長も務めています。若いスタッフは、気軽にお酒選びの相談に乗ってくれます。

  • ショップ・スポット名
    横浜君嶋屋
  • 住所
    神奈川県横浜市南区南吉田町3-30
  • 電話
    045-251-6880
  • 営業時間
    [月〜土] 10:00〜20:00 日・祝休(不定休)
  • クレジットカード
    可 (JCB、AMEX)
  • 駐車場
  • 喫煙
    不可
  • サービス料・チャージ
  • 平均利用額
    日本酒¥1,500〜¥3,000
  • 個室
  • 総座数
  • ペット
    不可
  • テイクアウト/お弁当
  • お子様メニュー
  • ドリンク
    アルコール有 ノンアルコール無
  • コース料理
  • 貸切
    不可
  • URL

このスポットの記事

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 辛味と酸味のバランスが絶妙! 食欲がない日も箸が進んでしまう

  • 絶妙な焼き加減のローストビーフは、食べた瞬間、じわっと旨味が弾ける

  • 仕事帰り、 駅近のバーで 大人のひとときを

  • 【4/3〜10/末まで】サンドイッチを持って、デイタイムグランピングへ