mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

受け継ぎ、守って50年。昔ながらの味を召し上がれ

もみぢ菓子司舗

もみぢ菓子司舗の大銅鑼焼き

もみぢ菓子司舗の大銅鑼焼き

創業から60年以上、丹念な手仕事から生み出される和菓子に多くのファンを持つ『もみぢ菓子司舗』。

現在は、先代の弟子であった西村茂さんと古瀬五助さんが共同でお店を営んでいる。

店主自らお店に立ち、包んで手渡してくれるその温かみが何とも乙だ。

当初から変わらぬ製法と比率で作られている大銅鑼焼き。
「丹波の大納言と白花の大福豆を使って、浸けて、炊いて、染み込ませて…まる2日。うちのあんこは甘目だけれど、純度の高い白双糖を使っているから後味はさっぱりだよ。」

さらにより良い素材が見つかればそちらを採用すると言う。
「その分原価は上がるけれど、美味しい方がいいからね」とにこり。

守りと変化を受け入れてきた姿勢もまたこの店の味。

だからかな。

店主の朗らかさとともに、実に素朴で奥深い和菓子がどれも心に響くのは。

もみぢ菓子司舗の大銅鑼焼き
素材にはとことんこだわり、材料はいたってシンプルに。

卵、はちみつ、砂糖で作るカステラのような生地に、光沢のある粒あんと白あんを挟んで。
横浜をイメージさせる焼印つき。
大判で食べ応えも満点。
金銅鑼(粒あん)、銀銅鑼(白あん)各390円

大銅鑼焼きの粒あんと白あん
なかの粒あん、白あん。濃厚な甘さなのに後味はさっぱり。
純度の高い砂糖を使用しているため、見た目の色つやもいい!

もみぢ菓子司舗のショーケース
数の少ない和菓子は早くになくなるので、早目に訪れよう。

もみぢ菓子司舗の箱
店名でもある紅葉柄の包装紙に、横浜を描いた銅板で作られたオリジナルの熨斗を巻いて。

もみぢ菓子司舗の番重
年季の入った番重に並べられた和菓子。饅頭など定番ものから季節限定も。

もみぢ菓子司舗のみたらし団子
甘じょっぱいみたらし団子もおすすめ。
素朴な味で美味しい。

もみぢ菓子司舗

創業60年以上続く老舗の和菓子屋。現在は2代目となる、西村さんと古瀬さんの共同経営。名物は、大銅鑼焼き。粒あんと白あんがある。

  • ショップ・スポット名
    もみぢ菓子司舗
  • 住所
    横浜市中区野毛町2-64
  • 電話
    045-231-2629
  • 営業時間
    [月〜土] 10:00〜21:00 [日・祝] 10:00〜17:00 第3水休
  • 駐車場
  • 喫煙
    不可
  • サービス料・チャージ
  • 平均利用額
    〜1,000円
  • 個室
  • 総座数
  • ペット
    不可
  • テイクアウト/お弁当
  • お子様メニュー
  • ドリンク
  • コース料理
  • 貸切
    不可

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • ハワイアンテイストを感じる空間と料理で会話も弾む♪

  • こんな夢の追い続け方もある。を体現している珈琲屋さん

  • スープがよく絡む、極細ストレート麺!

  • 最上級の夜景とともに、じっくりローストした絶品お肉を堪能