mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Gourmet
2017.07.21

両親を案内したいとっておきの空間3選

夏休みで帰省したり、反対に故郷の両親が遊びに来てくれてくれたり。
おとなになると、じっくり話をする機会が減ってくるからこそ
この機会にちゃんと親孝行できる「おとなのスポット」をご紹介!

きらめく夜景を眺めながら、気軽なブッフェスタイルでお食事を【下町DINING & CAFE THE sea】

壁一面に高さ3メートルを超える大きな窓があるレストランは、昼間の展望はもちろん、イルミネーションに包まれる夜景が文句なしに素晴らしい。ランチ、ディナータイムには、季節の食材を使った彩り豊かなオードブルやサラダ、スープなどをブッフェスタイルで提供。約15種類が並ぶパティシエ特製のスイーツコーナーも人気だ。
観覧車や汽車道など、イルミネーションに包まれたみなとみらいの夜景が一望。日本丸メモリアルパークにも近いため、ライトアップされた日本丸の美しい姿も間近に眺められる。

日常を離れた美食の迷宮で両親をもてなす特別な時間【トゥーランドット游仙境】

世界有数の中華街を擁する横浜にあって、独自の世界を創り出してきた脇屋友詞氏がオーナーシェフを務めるレストラン。色鮮やかな盛り付けや新鮮な驚きに満ちた料理は「美食の迷宮」と呼ぶにふさわしい。大きな窓からはみなとみらいの風景が眺められ、1人1皿で提供するフレンチスタイルを取り入れた中国料理「モダンチャイニーズ」とともに、非日常的な時間が楽しめる。


オペラ「トゥーランドット」にインスパイアされた個性的な空間。モダンなデザインの個室や、みなとみらいを望む個室もある。

富士山を望む65階に位置する「天空の茶室」【開光庵】

ホテルの65階にある開光庵では、先生のお点前で茶道の流れを一通り体験できるので、茶の湯の心得がない人でも気軽に楽しめる。地上の喧騒がウソのような静寂の空間で、とっておきの時間を過ごしてみたい。1人1,500円(お茶菓子付き)

高層ビルの中とは思えない、凛とした佇まいのエントランス。広間席以外に台目席、立礼席もある。

広間席の目の前には大きな窓が広がり、千利休が知ったらひっくり返るほど開放的で清々しい。天気のよい日には伊豆半島から大島まで見渡せるそうで、冬の夕暮れ時は富士山に沈む夕日が望めることも。

検索