mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

にっぽん丸

さまざまな港へ寄港可能
アットホーム感も魅力

 大型の「飛鳥?」をはじめ客船にもいろいろありますが、今回ご紹介する「にっぽん丸」は22000トン。飛鳥?の約半分の大きさですが、「アットホームでいい」と固定ファンも多い客船です。何より、小笠原や瀬戸内海などこの大きさの船でなければ入れない港に行けるのが大きなメリット。
 クルーズ旅行といえば長い日程を想像される方も多いと思いますが、夏は1〜2泊の短いクルーズがたくさんあるのが特徴です。私が行った「館山花火クルーズ」をはじめ花火や夏祭りなどのイベントが多く、クルーズ入門編にはぴったりです。
 にっぽん丸は3人で泊まれる部屋が多いので、ファミリーでのご旅行にもおすすめ。マジックやコンサートなど、家族で楽しめるさまざまなショーが用意されています。ホールが大きすぎないのでステージとの距離が近く、迫力あるショーが楽しめるのがポイントです。
IMG_2424.JPG
赤い煙突が目印の「にっぽん丸」。2010年リニューアルで中も外も一新しました
IMG_2521.JPG
IMG_2476.JPG
水中花火が名物の「館山湾花火大会」。混雑する花火大会も優雅に鑑賞できます
IMG_2396.JPG
IMG_2403.JPG
大海原を眺めて食事できるダイニングやゆったりしたラウンジなど充実の設備

「美食なる船」と評判の
グルメな料理の数々

 にっぽん丸最大の魅力ともいえるのがグルメ。寄港地ゆかりの旬の食材を使うなど料理長こだわりのメニューが味わえ、「美食なる船」との異名を持つほど。ディナーコースをはじめ、焼き立てパンが評判の朝食、バリエーション豊富なビュッフェなどどれも美味! プールサイドのテラスではハンバーガーやゴディバの「ショコリキサー」も好きなだけ味わえました。
IMG_kumiawase.JPG
盛り付けも美しい料理の数々。無料で楽しめるテラスでの軽食も美味で、いつおなかを減らそうかと思うほど!

サービスの質の高さは
一度味わえば病み付きに

 サービスの質も特筆すべき点。客船のサービスを味わうとほかでは物足りなくなるという方も多く、リピーターが多数なのも納得です。プールやスパ、ライブラリーなどもあり、有料でネットにも接続できます。荷物の心配をしなくていいのも利点。ぜひにっぽん丸の旅を体験してみてください。
IMG_2417.JPG
IMG_2390.JPG
ライブラリー(上)やプールのほか、オリジナルグッズが購入できるお店も
navigator.JPG
JTBトラベルゲート横浜本店でクルーズなど国内旅行を担当。「鉄道の旅も好きで、最近は寝台特急カシオペアにも乗りました」。プライベートでも移動手段やホテルにこだわってプランを組むのだそう。「昨年末はドイツでクリスマスマーケットめぐりを楽しみました」

「船内新聞」でプランを組み立てて
イベントやショー、食事メニュー等の予定は、毎晩部屋に届けられる「船内新聞」でチェック。それを見ながら「明日はコレに行こうか」と話し合うのも楽しいものです。ショーに出演するアーティストたちも乗船しているので、食事などショー以外の時間にも見かけたりします。ファンにとってはうれしいですよね。

充実の食事を楽しんだ後は運動も
「にっぽん丸」クルーズの楽しみである食事は、和洋を問わずさまざまなメニューが用意されています。プールサイドの「リドテラス」ではいつでもハンバーガーやホットドッグ、ソフトドリンクが無料でいただけます。
食べ過ぎが気になる人にはジムもありますし、船内をウオーキングする方もたくさんおられましたよ。
IMG_2398.JPGのサムネール画像IMG_2534.JPGのサムネール画像
自分の部屋のようにくつろげるのは船旅ならでは
大きな荷物を持ち歩いて移動したり、重量を気にしながら何度もパッキングしたりといった荷物の煩わしさから解放されるのがクルーズの良さ。船内に楽しみが多いので部屋にいる時間が少ないのですが、客室は自分の部屋のようにゆったりくつろげます。
IMG_2374.JPGのサムネール画像

JTBトラベルゲート横浜本店
住 所     :横浜市西区北幸1-7-6 日土地横浜西口第一ビル
         (横浜駅西口、高島屋斜め前)
電話番号(国内):0570-200-681
電話番号(海外):0570-200-682

関連記事

  • 電車で気軽にアクセスできる 横浜唯一の海水浴場へ!

  • 水面に映るゆらゆら揺れるみなとみらいの街を楽しむ旅

  • 鎌倉駅から由比ガ浜へ続く道 通り沿いを見渡せる 居心地のいいカフェ

  • さえぎるもののない一面の海を眺めながら、心身ともにリラックス!