mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

中欧4カ国めぐり

中世の面影を残すチェコの街に感動
 この旅で巡ったのは、オーストリア、ハンガリー、チェコ、スロバキアの4カ国。国々の間はほとんどバスで移動するのですが、訪れた10月はちょうど紅葉シーズンとあって、建物の赤い屋根と色づく木々のコントラストが美しく、移動中も楽しめました。
p1.png

最も心に残っているのは、チェコの街並みです。プラハ旧市街は中世の面影が色濃く残っていて、歴史好きにはたまりません。旧市街のビアホールでは、名物のチェコビールに舌鼓を打ちました。物価が安いので、大きなジョッキも300〜400円で飲めました!
p2.png

プラハ郊外のチェスキー・クルムロフの街並みは、おとぎ話の世界に迷い込んだような気分に。お城ではかわいいクマが飼われているんですよ。
 ブダペストの夜景も一見の価値があります。オレンジ色で統一された明かりに歴史ある建物が照らし出され、ドナウ川に映り込む光景は本当にロマンチックでした。

p3.png

■伝統あるカフェでウィーンのスイーツを
ウィーンは公共交通機関も便利ですが、市内に見所が集まっているので、自由行動の散策にもぴったり。カフェ文化が発達しているので、歩き疲れたら伝統あるカフェで休憩を。
 名物・ウィンナーシュニッツェル(ウィーン風カツレツ)もぜひ! 大きいですが、衣がフワッフワでお肉も柔らかく、おなかが空いていたら1人でペロリと行けちゃいます。
p4.png

■おみやげには、素朴な刺繍グッズを
 おみやげにするなら、ハンガリーのカロチャ刺繍グッズを。カラフルで、ボヘミアらしい素朴な雰囲気がとてもかわいいですよ。小さなコースターやハンカチなら1000円もしません。どこか江戸切り子を思わせるチェコのボヘミアグラスも素敵です。
p5.png

p6.png

■中欧は春と秋がおすすめ
中欧は春と秋がベストシーズンといわれます。春は花が、秋には紅葉が楽しめます。私が行ったのは10月中〜下旬でしたが、何とか紅葉に間に合いました。日本より紅葉が早いのですね。街が紅葉していると、何気ない小道もみとれてしまうほど絵になる光景になり、移動中も景色が楽しめるのでおすすめです。ただ日本より寒いので、朝晩は冬物のコートが必要です。
mv1.jpg
■川のある風景に心が和みます
今回訪れたどの国でも心に残ったのが、川のある風景です。ドナウ川やモルダウ川など、水のある風景はやはり心癒やされるもの。川には古くからの橋がかかっていて、とても有名なものではなくとも、夜には美しくライトアップされるものも多いです。
jtb2.jpgjtb3.jpg
■物価の安さ・治安の良さも魅力
中欧はヨーロッパの中でも比較的治安の良い方だと思います。もちろん犯罪が全くないわけではありませんが、ナイフで脅されるなどの凶悪な犯罪は少ない方だと思います。気をつければ女性の一人旅も可能なのではないでしょうか。
ハンガリーやチェコは物価が安いのも魅力的です。食事やおみやげのお買い物などはお得に楽しめるでしょう。ただ、ハンガリーはフォリント、チェコはコルナという独自の通貨が流通しているので、その点だけは準備が必要です。

jtb4.jpg
■中欧は城好きにはたまりません
プラハ城は世界最大級のお城。とても敷地が広く、敷地内には宮殿のほか、3つの教会があります。その中で最も大きいのが聖ヴィート大聖堂。幅60メートル、奥行きは120メートル以上もあり、中に入るとその広大さに圧倒されます。ツアーでは有料エリアであるミュシャのステンドグラスにも訪れます。日本でも人気の高いミュシャはチェコ生まれ。この聖堂のステンドグラスのほか、プラハ市内にミュシャ・ミュージアムもあるので、お好きな方はぜひ。
jtb5.jpgjtb6.jpg
オプションで、プラハ郊外のボヘミア古城の観光もできます。私は中世の古城・チェスキー・シュテルンベルク城に行きましたが、当時の様子がしのばれてとても興味深かったです。
■「歴史」も「今」も楽しめるウィーン
今回の中欧ツアーの中では、最も都会的なウィーン。目抜き通りにはブランド店も立ち並び、ファッションスポットも充実しています。一方ではシェーンブルン宮殿や国立歌劇場、ベルベデーレ宮殿など歴史ある名所も多く、古いものも新しいものも両方楽しめる街です。街の建築もいろいろな時代のものが残っているので、まるで生きた建築の博物館のようです。
ツアーでは、通常は一般公開されていないシェーンブルン宮殿の「ベルグルの間」も見学できます。これはマリア・テレジアお気に入りの場所で、壁にも天井にも夏の庭の光景が描かれた、豪華でありながらとても心和む部屋。宮殿のほか部屋のきらびやかな雰囲気とは違った趣が味わえます。
ウィーンは音楽の都でもありますね。有名なオーケストラのコンサートはもちろん、街のあちこちで本場のクラシック音楽を楽しむことができます。ツアーでもドリンク付きのコンサートが用意されているので、お楽しみに。

jtb7.jpgjtb8.jpg

JTBトラベルゲート横浜本店
住 所     :横浜市西区北幸1-7-6 日土地横浜西口第一ビル
         (横浜駅西口、高島屋斜め前)
電話番号(国内):0570-200-681
電話番号(海外):0570-200-682

関連記事

  • 元祖横浜、レトロな元町を散策

  • 横浜駅近でハワイ気分に浸れるカフェ

  • 可愛いワゴンが目印 心も身体も元気になれるカフェ

  • 大地に根付くパワースポット 元気になると評判の七沢荘