mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

ブロッコリーの豆知識

今回注目したのは、ブロッコリー!1年を通して手に取る事ができる野菜ですが、旬は初夏と冬。冬から初春にかけては愛知、千葉、静岡など、夏には長野や北海道のものが出回ります。


ブロッコリーは、ビタミンC、カロテン(ビタミンA)、ビタミンB群、カルシウム、葉酸、食物繊維など様々な成分に富むアブラナ科の緑黄色野菜です。
特にビタミンCはレモンの約2倍も含まれています。また、ビタミンの一種である葉酸が、他の食材に比べて非常に多く含まれています。葉酸は、体内での細胞分裂による増殖や赤血球の増殖に必要不可欠なビタミンで、妊婦さんには重要な栄養素と言えます。
また、ブロッコリーはアブラナ科野菜特有の辛み成分であるイオウ化合物の一種・スルフォラファンという成分も含み、抗酸化作用を持つと言われていますよ。

blocoy_1.jpg


ブロッコリーの小さなつぶつぶは、一つ一つが花の蕾!集まったものを「花蕾(からい)」といい、収穫せずに放っておくと、黄色い花がたくさん咲きます。
また、太い茎部分は食べられるのかな?と迷いがちですが、茎にも蕾と同様の栄養分が含まれています。茎は加熱すると甘みが増すので、残さず食べましょう!
蕾が密集していて色が濃く、形が丸く盛り上がったブロッコリーがオススメです。

blocory_tubomi.jpg


ブロッコリーに含まれるビタミンB群やカリウムは、水に溶け出す水溶性。ビタミンCを考えると、さっと茹でて、ドレッシングをかけて食べるのがベストですが、たくさん食べる事を考えると、スープにして食べるのがオススメですよ♪
今回紹介する料理は、
「野菜たっぷり!くるみ豆乳ポトフ」
ブロッコリーは大豆との相性もいいので、今回はくるみ豆乳仕立てのポトフを作りました!
くるみのビタミンEは、老化の原因となる活性酸素を中和する働きがあります。βカロテンなどの吸収率もアップ。

cook_blocory.JPG


すぐに食べる場合は、
1、 生のままラップやジッパーに入れる。(もしくは根元に水分を含ませ新聞紙で包む)
2、切り口を下にして冷蔵庫の野菜室で保存する。
冷凍の場合は、
1、 一口サイズに切り分ける。
2、 塩を少々入れた熱湯で硬めに茹でる(電子レンジでチンでもOK)
3、 冷まして、水気を切ってジッパーなどに入れて冷凍。

blocory_hozon.jpg

関連記事