mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

パプリカの豆知識

肉厚で甘みがあって、色鮮やかなパプリカ♪ピーマンは嫌いでもパプリカなら食べられる!という方もいるのでは?今回は、そんなパプリカの秘密に迫ってみました★
パプリカとピーマンと唐辛子は同じ仲間の野菜です。どれも、ビタミンC、カロテンを豊富に含む緑黄色野菜で、カロテンは油といっしょに摂ることでさらに吸収がよくなります。また、色によって甘みも違います。そして、赤、黄、橙のものは、青いものに比べてビタミンCが多く含まれていますよ♪
その秘密は豆知識で↓

papurika.jpg

 

 

パプリカとピーマンの秘密
パプリカもピーマンも、ナス科、・トウガラシ属。多くは、ピーマンより大型(大果種)のベル型ピーマンのことを「パプリカ」と呼んでいます。
パプリカは、赤、黄、緑などカラフルなのが特徴ですね。色ごとに種は違えど、元はどれも緑色のパプリカだということをご存知でしたか?
それはピーマンも同じ。緑のピーマンも熟せば赤ピーマンになります。つまり、普段私たちが食べている緑色のピーマンは、未成熟のものだったのです!だから、青臭さや苦みがあるのですね。
完全に熟すには時間がかかってしまうので、未成熟の青いまま出荷される事が普通になってしまっていますが、果実と同じで完熟している方がもちろん甘く、ビタミンCの量も増えますよ♪
お子さんの好き嫌いも無くなるかも!?

papurika2.jpgpapurika_mijyuku.jpg

 

 

最近では、国産のパプリカが多く出回っていますね。今回は、その中でも私が大好きなパプリカを紹介しちゃいます♪
熊本県にあるひなた農園さんのパプリカ「ひなたちゃん」です?
土や水にこだわって、独自の栽培方法で収穫されたこの「ひたなたちゃん」は普通のパプリカよりも断然甘い!!
肉厚でシャキシャキしていて、生サラダで食べるのはもちろん美味しいですが、なんと!何も加えずそのままミキサーにかけると、ビックリするほど甘いジュースが出来ます!特に甘いのは赤色、黄色、オレンジ色です。元々の緑色が熟して鮮やかな色に変わるから、熟した証拠の色なのです。
私は、朝のフレッシュジュースとして飲んでいますよ♪
色によって味が少しずつ違うので、気分によって楽しめるし、オレンジやリンゴなどフルーツと一緒に混ぜてももちろん合いますよ♪

hinata_cook1.jpghinata2.jpg

 

 

東京では、池袋東武百貨店プラザ館B2Fと、新宿京王百貨店B2Fに入っている「築地 定松」。渋谷はヒカリエB3F「九州屋」に売られています。
通販でも農園直送で販売中!
http://www.papurika-hinatachan.com/
ラップやジッパーに入れて野菜室に入れてください。保存性が良いので、ビタミンの損失が少なくすみます。
種から腐ってしまうので、切ったものは種と白ワタ部分も切り取り保存してください。

hozon1.jpg

関連記事

  • 体の芯から温まる餃子鍋はいかが?新作メニューをいち早くチェック♪

  • 最高品質のコーヒーとともにゆった〜り、のんび〜り

  • 1口目のインパクト大 ! 鴨の旨みが口いっぱいに♪

  • 鰹とアヴォカドのタルタル 〜夏を迎える一皿〜