mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

アスパラガスの豆知識

独特な風味が料理にひと味加えてくれるアスパラガス。
私も大好きな食材で、肉巻きやパスタなどに活用していますよ♪
旬のアスパラガスの魅力に迫ってみましょう!

【栄養的特徴】
アスパラガスは、若い茎を食用とする野菜。野菜の中ではタンパク質と糖質が多いのが特徴です。そのほか、カリウムやカルシウム、ビタミンB1,B2,Cなどのほか食物繊維も豊富。また、アミノ酸の一種である「アスパラギン酸」を多く含んでおり、新陳代謝を促す働きをすると言われています。

asupara2.jpg

 

 

【豆知識1】 アスパラガスの生育
アスパラガスは、種をまいてから収穫まで3年もかかる野菜です。
地上で太陽を浴びて育った緑色のものを「グリーンアスパラガス」、芽に土をかぶせ太陽を当てずに土中で育ったものを「ホワイトアスパラガス」と呼びます。
特有の風味と香りはグリーンの方が強く、また栄養の多くも、日光を浴びてる分グリーンの方が上回ります。
良いアスパラガスを選ぶポイントは、鮮やかなグリーンをしていて、穂先がピンと立っているもの。また、茎は太いものほど甘くて柔らかいので、太さが一定のものを選ぶことをオススメします♪

asupara.jpg

 

 

【豆知識2】 おすすめ食べ合わせメニュー
アスパラガスに含まれるビタミンCやルチンは水溶性。下茹ですると溶け出しやすくなってしまうので、電子レンジで熱してから料理に使うと良いですよ。今回は、アスパラガスを、春キャベツ、タケノコ、ブロッコリー、鮭と一緒にオリーブオイルで和える、「具沢山のパスタ」を作りました♪

asupara_cook1.jpg

 

アスパラガス、春キャベツ、タケノコ、ブロッコリー、鮭、パセリ、オリーブオイル、塩こしょう

【豆知識3】 保存方法
収穫後の野菜は、湿度・温度に影響し、自身の呼吸によって鮮度が落ち、劣化していきます。とくにアスパラガスは、4.5度を超えると呼吸量が増えて劣化が早くなるので、早く食べる事がポイントです。
保存状態が悪いと穂先が曲がってきますので、買うときは真っすぐなものを選びましょう。
また、冷蔵庫で保存するときは、少しでも育ったときの姿勢でいることが重要なので、ラップに包んで穂先を立てて置いてください。
買ってきたら直ぐに軽く塩ゆでしてから凍らせておくのも賢い保存法。そのまま解凍せず調理に使えて便利です!

asupara_hozon1.jpg

関連記事

  • 活気あふれる本場の屋台の雰囲気も味わえる

  • 夜景とライブとごちそうと

  • アットホームな雰囲気と 美味しいコーヒーで素敵な1日の始まり

  • 『 トマトとツナのファルシー』 火を使わない野菜レシピ・2