mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

小松菜の豆知識

冬真っ盛りの今日この頃。みなさん風邪などはひいていませんか?
外出時のマスク同様、栄養のある食べ物も欠かせないこの時期は、
私もバランスよく食事を摂って、舞台稽古に励んでいます♪

今月のベジフルは、風邪予防のためにも是非摂ってほしい「小松菜」です。
関東を中心に広い地域で栽培されているこの小松菜は、栄養満点野菜なのです!
葉が肉厚でつやのある小松菜を選んでください♪

【効能】
身体の抵抗力を強め風邪を予防するといわれているビタミンCをはじめ、生活習慣病の予防に効果的なカリウム、鉄分などのミネラル類が多量に含まれています。
ビタミンB2の量は野菜の中でもトップクラス!また、カルシウムの含有量はなんと、牛乳よりも多いのです。

2012_12komatuna.jpg

 

 

豆知識1】 名前の由来

小松菜の名前の由来は、実は東京の地名から来ているのです!
江戸時代、八代目将軍 徳川吉宗が鷹取りに東京の小松川(現在の江戸川区)に行った時に、この菜っ葉を食べ、たいそう気に入った。名を尋ねるとまだ名前がついていなかったことから、「それではここの地名をつけよう」と、小松川村から名をとり“小松菜”と名付けられたのです。
なんだか経緯を知ると、親近感がわきますよね♪
※絵が下手ですみません…(笑)


yoshimune.jpg

 

【豆知識2】 おすすめ食べ合わせメニュー
小松菜に多く含まれる 脂溶性のビタミン「カロチン」は、油と摂ると吸収が良くなります。また、タンパク質と一緒に摂るとカルシウムの吸収を促すと言われているので、今回はこんな栄養たっぷりメニューを作ってみました。

小松菜を食べ易い大きさに切って、卵、桜えび、ごまを加えて炒めれば出来上がり!
プチトマトを加えると、栄養も見栄えも更にアップしますよ♪
私は塩こしょうの味付けの他に、レモン汁も少しだけ入れています。
火を通すと栄養が逃げてしまうビタミンもあるので、短時間でサッと茹でるのがポイント!


komatu1218.jpg

小松菜、卵、桜えび、ごま、プチトマト

【豆知識3】 保存方法
小松菜は乾燥に弱いので、買った日のうちに使い切るのが理想的。
短期保存には、湿らせた新聞紙で包んで、保存袋に入れて野菜庫で立てて保存すると、栄養やビタミンの減少が少なくなりますよ。買って来た袋に少し水を浸してもOK!
野菜は栽培している時と同じ姿勢で置いてあげるのが良いのです♪

長期間保存したいときは、加熱調理してから冷凍保存するのが美味しく食べるポイントです。


hozon1218.jpg

関連記事

  • お店も料理もサイズ感が絶妙!ひとりで入りやすいワインバル

  • 洋風・和風を問わず、ノンジャンルで美味しいものを召し上がれ!

  • 味よし、値段よし、雰囲気よしの優良立ち飲み店

  • 驚きのふわふわ感! 隠し味に黒みつを少々