mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

レトロな街並をめぐる1日

市営地下鉄桜木町駅で「みなとぶらりチケット」を購入してスタート!
桜木町駅前発のあかいくつバス 中華街・元町(C)ルートに乗って1つ目
馬車道駅前で下車。

少し歩くと、見えてきました♪ ドドーンと大きなドームが!!
burari371.jpg
そう。「神奈川県立歴史博物館」です。
burari372.jpg
みなとぶらりチケットを提示し、入場料を団体割引料金で入場♪
先史から現代までの神奈川の歴史や当時の生活の様子などが とってもわかりやすく展示されています。
建物の設計者はあの日本橋の意匠をデザインした「妻木 頼黄」。明治建築界の三巨頭の一人です!
そんなすごいお方が作っただけに、建物自体が国の重要文化財。
「横浜正金銀行」時代の格調高い内装や当時使われていたVIP用の階段や金庫などが残されていて、当時どれだけすごーい銀行だったかをうかがわせます。
burari373.jpg
そんな貴重でレトロな場所を見られる「建物見学会」が年に数回実施されているそう。
普段公開されていない場所も見ることができるのでオススメですよ〜
また、会場では12月2日(日)まで特別展「再発見! 鎌倉の中世」を開催中。
武家の古都・鎌倉を彷彿とさせる出土品、古文書、古絵図や、これまで公開されていなかった考古資料も展示されています。
ぜひ足を運んでみてくださいね♪
【神奈川県立歴史博物館 045-201-0926】

神奈川県立歴史博物館をあとにして、馬車道駅前から市営バスに乗り、
本町一丁目で下車すると、横浜にはまだまだレトロな建物が!
burari374.jpg
横浜市開港記念会館です♪
見てるだけで当時の横浜にタイムスリップしたかと思わせるほどクラシカルな雰囲気いっぱい!
2階にあるステンドグラスは ガラスで描くカラフルな掛け軸みたい!!
burari375.jpg
当時の職人さんたちも、新しい技術を手にしてワクワクしてたんじゃないかな・・・。なんて想像が膨らんじゃいました(笑) 【横浜市開港記念会館 045-201-0708】
そして
今度はさらなるレトロを探しに山手へ足をのばしてみましたよ〜
横浜市開港記念館から県庁の方へ少し歩いた所に 「新県庁前」停留所があり、あかいくつバスに乗って「港の見える丘公園前」で下車。
エリスマン邸やベーリック・ホールなどステキすぎる洋館たちをのんびり見学したあと、ちょっと休憩しようと「えの木てい」へ。
burari376.jpg
もともとお店をはじめたきっかけは、オーナーのお母様が歴史的建造物として洋館を撮影しに訪れる人々を自宅に招き入れ、自家製のケーキとお茶でおもてなししたことがきっかけなんだとか。
そして店内は、そんなあったか〜いエピソードを感じさせるようなアットホームな雰囲気で、当時使われていた暖炉やアンティーク家具などがあり、レトロ感いっぱいです?
さて、こちらでいただいたのはというと・・・。
burari377.jpg
お好みのケーキと飲み物をチョイスできるケーキセット(¥1,100)
私が選んだケーキは「マロン マロン」。フランス産最高級マロンをたっぷりと使い、栗のソースとブリュレを合わせた、まさに“栗”づくしの贅沢ケーキ。
栗の甘さが濃厚&上品で、美味しくて美味しくて!!
ペロリと食べちゃいました♪
また、みなとぶらりチケットを提示するといただけるサブレ(ケーキセットを頼んだ方のみ)もほのかに香るバターの香りとサクッとした歯ごたえで美味。
とっても幸せな気分に包まれた休憩timeでした〜
【えの木てい045-623-2288】
えの木ていをあとにして またしばらく洋館を見学したり、港の見える丘公園を散歩したり・・・。
そして、そろそろお腹が減ったと思い、移動することに。
港の見える丘公園前停留所からあかいくつばすに乗り、桜木町駅前へ。
桜木町駅前から徒歩で約7分。
野毛の商店街を歩く。こちらはこれまでとはまた違ったレトロ。なんせ古き良き昭和のお店が立ち並んでいるのですから。 そんなお店の中でも老舗中の老舗で、有名人も足しげく通うと聞くお店がセンターグリル。
burari378.jpg
先代のオーナーが日本で初めてナポリタンを作ったシェフの弟子であり、 そのシェフのホテル「センターホテル」の名にちなんで「センターグリル」と名付けたそう。
センターグリルでも昔ながらのナポリタンは味わうことができ、看板メニューのひとつだそう。
が、私は大のオムライス好き! 迷ったけれど「特製オムライス(850円)」をオーダーすることに。
こちらが特製オムライス。
burari3710.jpg
ふわっととろける卵とチキンライス、デミグラスソースが絶妙にマッチしていてたまらなかったですぅ!
牛すじや野菜をコトコトと1週間も煮込んで作られているデミグラスソースは先代の時から変わらぬ味を守りつづけているんだとか。
洋食店のスタンダードに出会えた気がしました〜
【センターグリル 045-241-7327】

っとお腹が満腹になったところで今回の“ぶらり”はおしまいおしまいぃ〜
レトロな横浜をたくさん発見できました?

関連記事

  • 「久佑」 ささやかな謎を解きにランチを食べに行ってみました。

  • こんな夢の追い続け方もある。を体現している珈琲屋さん

  • 流行りは絶対おさえたい! NYの定番メニュー♪

  • 長葱とエビのベニエ・カリフラワーのカレー風味ベニエ