mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

蓮は咲く時に「ポンッ」と鳴る!? 三溪園でウワサに迫れっ!

隊員Aが子どもの頃に聞いて以来、気になっていた「蓮伝説」。
ホントかウソか、今年はシロクロつけようじゃありませんかっ!

みなさんは聞いたことありませんか?「蓮は咲く時に音がする」って話。ネットで検索すると、「聞いたことがある」という人から「そんなのウソだよ」という人までイロイロで、ますます真相は「ヤブの中」に……。

そこで今回、真実を探るべく行ってきたのが、本牧・三溪園。今年39回目の観蓮会が開かれる名所なら、きっとナゾが解けるハズ!
さっそく質問をぶつけてみると、「よく聞かれるのですが、実際は……鳴らないんですよ」とイベント担当の羽田さん。昭和10年に生物学者たちが上野・不忍池で実地検証したものの開花音は聞かれず、翌11年にマイクロフォンで再調査した際にも、やはり音は鳴らなかったんですって。
「開花するたび早朝からポンポン鳴っていたら、近所迷惑になっちゃいますよね」という羽田さんのお話に隊員A、「なるほど〜」と深–く納得したのでした。

ちなみに三溪園では、8月11日までの土・日・祝日限定で「早朝観蓮会」を開催中(朝6時〜)。蓮の葉にお茶をそそぎ、ストローのように茎を伝ってきたところを飲む「象鼻杯(ぞうびはい)」など珍しいイベントも企画されているので、ぜひ参加してみてくださいね♪たまには早起きして、和風情緒&美しい花を楽しむのもオツなもんですよっ!

そもそも・・・どうやって咲くの? 蓮の花
【1日目】
photo2開花1日目.JPG

【2日目】
photo3開花2日目.JPG

【3日目】
photo4開花3日目.JPG

【4日目】
photo5開花4日目(1).JPG

蓮の花は「早朝に開き始めて、お昼頃には閉じる」を繰り返し、日に日に開き方が大きくなっていきます。勢いよくポンッと開くわけではないので、音もしないんですねー。蓮の開花音は江戸時代すでに漢詩にも詠まれ、噂になっていたそうです。

茶店では限定朝食メニューも
photo6朝がゆ (1).JPG
園内には三溪園茶寮・待春軒・雁ヶ音茶屋と3つの茶店があるよ。各店それぞれ早朝観蓮会に合わせた限定メニューを用意しているので、朝ゴハンにぜひ召し上がれ♪(写真は三溪園茶寮の朝粥1,000円なり)

大人も楽しめるイベントいろいろ
photo7糸取り.JPG
蓮の茎をパキッと折ってひっぱると、中から「蓮(はちす)の糸」が出てきたーっ。奈良時代、大和・当麻寺の中将姫が蓮の糸で曼荼羅を織った、という伝説もあるんです。

【三溪園への行き方】 ●スポット情報
中区本牧三之谷58番1号
TEL:045-621-0634
●交通アクセス:横浜駅東口2番のりばより「市バス8・148系統」乗車。本牧三渓園前にて下車。徒歩3分。ほかJR根岸駅からのバス便もあり。
●入園料:大人(中学生以上)¥500 子供(小学生)¥200
●開園時間:9:00〜17:00(入園は16:30まで)※早朝観蓮会の際は朝6:00時開園
http://www.sankeien.or.jp/index.html

三溪園

横浜を支えた産業、生糸貿易で財をなした原 三溪によって、本牧三之谷につくられた日本庭園。園内にある臨春閣や旧燈明寺三重塔などは、重要文化財に指定されています。原氏は、実業家としてだけでなく美術に造詣が深く、新進気鋭の芸術家の支援・育成にも力を注ぎました。横山大観、下村観山、前田青邨などの大家の作品もここで生まれました。梅や桜、ツツジ、紅葉などの名所として知られ、外国人にも人気が高い名園です。

  • ショップ・スポット名
    三溪園
  • 住所
    神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
  • 電話
    045-621-0634
  • 営業時間
    9時〜17時(入園は閉園の30分前まで)
  • URL

マップ

関連記事

  • 外はカリッと香ばしく 中からチーズがとろり 一度は食べたい絶品パニーニ

  • どこまでも広がる緑に癒される憩いの場所

  • 夏の国内旅行【前篇】

  • 絶叫系からメリーゴーランドまで。観覧車は絶対ね!