mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

かぼちゃのローストとルッコラのバルサミコマリネ 帆立とポテトバジル風味サラダ

6月のレシピは特集の続き。夏にもぴったりの爽やかなお惣菜です。
梅雨晴れの気持ちの良い日には、お弁当箱に詰めてお出かけがいいですね。


かぼちゃの甘みとルッコラの苦み、ベーコンのコクがバランス良いハーモニーのお惣菜です。
[材料]
かぼちゃ 中くらい1/4個   スライスベーコン 50g
ルッコラ 1袋程度
オリーブオイル 大さじ1/2  バルサミコビネガー 大さじ11/2
塩 適量   胡椒 少々
[作り方]
1.かぼちゃは洗って種とワタときれいに取り除き、幅1?のくし切りにしする。天板にクッキングシートを敷き、その上に切ったかぼちゃをのせ、180度にセットしたオーブンで15〜20分焼く。(余熱はしない) 表面はカリッと乾き、中はしっとりした状態になるまで。
181 WEB.jpg
2.スライスベーコンは1.5?程度の幅に切り、フライパンで炒める。
3. ルッコラは洗って水気を切り、縦1/2にちぎる。
4.1.2.3をボールに入れて、オリーブオイルとバルサミコビネガーを加えて混ぜ合わせる。
183 WEB.jpg

5. 塩・胡椒で味をととのえる。
出来上がり!
194 WEB.jpg
★ かぼちゃをオーブンでローストする時は余熱せずオーブンが冷たい状態からスタートします。でんぷん質にじっくり火が通り、甘くしっとりした   状態に仕上がります。

バジルの香りが食欲をそそるお惣菜です。
[材料]
じゃがいも(メークイン) 2個    ほたての貝柱 3粒
ブラウンマッシュルーム 4個

バジルの葉 20〜30枚   茹でたにんにく 1片   ローストくるみ 20g
粉チーズ 大さじ1   あればアンチョビ フィレ1〜2枚   オリーブオイル 150cc    塩・胡椒 適量
[作り方]
1. じゃがいもは皮つきのままたっぷりのお湯で茹でる。串がすっと通るくらいになったらお湯からあげ冷めないうちに皮をむく。1?の輪切りにする。
2.ほたての貝柱は上下1/2に切り、中心に火が通るまで茹でる。茹ですぎるとかたくなってしまうので気をつける。
3.ブラウンマッシュルームは3?にスライスする。
175 WEB.jpg
4.バジルソースを作る。塩・胡椒以外の全ての材料をミキサーに入れてペースト状にする。塩・胡椒は味を見ながら加える。
5.1.2.3をボールに入れて4のバジルソースを大さじ3〜4を加えて混ぜ合わせる。味を見て塩・胡椒で味をととのえる。
出来上がり!
195 WEB.jpg
★バジルソースは温野菜に和えたりドレッシングにしたりパスタに絡めたりと使い道が多様です。多めに作ってストックしておくと便利です。
『今月の一言コラム』
パリの西と東の端には2つの大きな公園があります。
ブローニュの森とバンセンヌの森。どこかで聞いたことがある名前ではありませんか?
日差しが増えてくるこの季節、お気に入りのお惣菜屋さんでランチを調達して森の木陰で小さなピクニックをするのは実に気持ちのよいものでした。
写真下はお気に入り、パリ4区のお惣菜屋さんのパテ。これにバゲット、そよ風にふかれて食べれば最高のお昼ごはんです。
パリには飛んでゆけない目下、山手森林公園に手作りお惣菜をもってでかけるのが我が家のお気に入りの週末です。
058 p.jpg

関連記事

  • じっくり低温焼きの肉が驚くほどにとろける

  • 虜になる人続出絶妙な酸味が食欲をそそる

  • トマトカレーにミートボールがIN! 大好きがいっぱいのお子様ランチ

  • 70年の時を刻む野毛の老舗バーで。素敵な出会い、いっぱい!