mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

「しょうゆ きゃふぇ」 エリスマン邸内・エリゼ光のカジュアル・カフェ

横浜の景色が一望できる、横浜外国人墓地の近くには何軒かお食事できるところがあるのですが、その一つ「エリゼ光」さんのカフェが、近くの「エリスマン邸」という洋館の中に出来ているのを散歩の途中で発見してびっくり!

2014042401.JPG

「エリゼ光」さんは外国人墓地前のマンションの2Fにあって、夜、前を通りかかると、シャンデリアがキラキラ星のように瞬いていてきれいなのですが、1人で行くにはちょっぴり高嶺の花だったので、一人でも気軽にごはん食べに行かれる「しょうゆ きゃふぇ」さんは嬉しいかぎり。

20140424.JPG

エリスマン邸は朝9時から、カフェは朝10時〜オープンです。カフェの目の前は元町公園の深い森になっていて、新緑の季節、10時だとまだ朝の新鮮な空気が溢れていて、とても気持ちいいです。

2014042402.JPG

お店のメインは「こだわりのお醤油パンと頂くお食事」のようなので、早めのランチ(チキンコンフィとたっぷりお野菜のアヒージョ【1300円】・たっぷり野菜の角煮デミグラスシチューと醤油パン【1300円】・三浦長井漁産、鮮魚のムニエル、醤油バターソース、醤油パン添え【1500円】(全て税別)のどれかに +600円でデザート・コーヒーセット)にしようと思っていたのですが、季節のフルーツを使ったケーキセット900円も捨てがたく、迷いにまよって・・・・

2014042407.JPG

「佐島の山茂丸さんしらすサンド」500円という新メニューに+350円のお茶セットをお願いすることにしました。
最近ではしらすというと年中食べられる鎌倉の名物みたいに思う方も多いようですが、しらすは冬が深まると禁漁になって、3月くらいからが解禁なので、食べられない時期もあるんです。

しらすが出てくると、長い冬が本当に終わるんだなぁ。と、ちょっとしみじみした気分になります。季節の始まりのものには強い生命力が宿るといわれるので、パワーアップしたい、というときは、旬の始めのものを食べたりするのはいいですよね。

2014042406.JPG

お店のテラス席は崖ギリギリにあるので、新緑の季節は深い森に飲まれているような景色です。左手にはマリンタワーも見えます。日の暮れるのが早い冬は、夕日が落ちるのを見ながら、ケーキセットを食べるのもよさそう。

2014042403.JPG

シュガーポットが横浜らしい和洋折衷な絵柄で、待つ時間も楽しいです。

2014042404.JPG

さて、こちらが、お待ちかねの「しらすサンド」です。
「しらすサンド」というのでてっきり白い食パンに挟まれているのかと思ったら、こんなにゴージャスなパンでした!

2014042405.JPG

「お醤油」がテーマなだけあって、しっかりとお醤油の味がついたパンにしらすがとっても良く合います。ミルクティーなんて頼んで合わないかな?と思っていたら、これが意外によくあって、しょっぱいものの後には甘いものが、甘いもののあとにはしょっぱいものが、というループにはまります。

2014042408.JPG

パンはとてもボリュームがあるので、食べるのがゆっくりの方や、歯が弱い方は、事前にパンを薄めにカットしてもらったり、フォークとナイフをいただいたほうが、食べやすいかも。オニオンスープがメニューにあったら、すっごく合いそう!そしてパンを浸して食べたらワインが進みそう?(ワインメニューあります)と、噛むごとに口の中で想像が広がっていく味でした。

2014042409.JPG

入り口にはフランス・ブルターニュ地方のお菓子、ガレット・デ・ブルトン風なクッキーがお土産で売っていました。(210円+税)。鎌倉のお塩で作られているそうです。(鎌倉でお塩作ってるんですね。これもおいしかったです)

横浜山手の西洋館では人前式のウエディングが出来るのですが、本格的なお料理を手配できなくて(お料理は自分たちで手配しないといけない)、あきらめる方が多いそうなのですが、エリスマン邸でだったら、エリゼ光さんのお料理がいつでも頼めるのでいいですね♪

もし、ふらりと寄って、ウエディング場面に遭遇したら、結婚したい人もしている人も、祝福に満たされた素敵な運をおすそ分けしてもらえるかも。

(*後ほど伺ったら、すべての西洋館ウエディングのお料理対応してくださるそうです。それも単なるケータリングではなくて、本格的なフレンチ、創作ケーキも作ってくださるそうです。これから結婚式を計画されている方は、一度、本店の「エリゼ光」さんに相談してみる価値ありです)

★しょうゆ きゃふぇ★
http://www.elysee-hikaru.com/index.html

◆最高の醤油、天野醤油さんの甘露しょうゆを使った◆
素材テーマキャフェ

★エリスマン邸内の中にある小さな小さなキャフェです。

定休日:第二水曜日
営業時間:10:00〜17:00
(夜の営業はしておりません。)

★エリスマン邸、全てを貸しきっての小さな手作りウエディングも
承っております。
15名〜40名様
ガーデンも使用しデザートブッフェも楽しめます。
お料理はエリゼ光のフランス料理で、お持て成し致します。
ウエディング、お問い合わせ
045-621-4890

しょうゆ・きゃふぇ

山手の丘に佇むエリスマン邸内に登場した「しょうゆ・きゃふぇ」。まるで森の中にポンと現れたような極上のロケーションと見た目も美しい料理の数々を楽しむことができます。

  • ショップ・スポット名
    しょうゆ・きゃふぇ
  • 住所
    横浜市中区元町1-77-4 エリスマン邸内
  • 電話
    046-621-4890
  • 営業時間
    10:00〜16:00
  • サービス料・チャージ
  • 平均利用額
    ~1,000円
  • ペット
    不可
  • お子様メニュー
  • ドリンク
  • コース料理
  • URL

マップ

関連記事

  • お一人さまでも本を片手に気軽に♪

  • 北の大地が育む素材たっぷり。1回で2度おいしいプリンソフト

  • ココロと体にやさしい自家製天然酵母のパン Fukumimi工房

  • フレッシュフルーツとあったか紅茶が出会った奇跡、召し上がれ