mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

「閑古鳥」 ものづくり作家が集う山手公園のティールーム

2013101101.JPG

山手カトリック教会の裏手に広がる山手公園は日本テニス発祥の地なのだそうです。
文明開化の頃、外国人居留地であったこのあたりは、ヒマラヤスギなどが天に伸びてヨーロッパを思わせる空気感。

2013101103.JPG

緑の美しいこの公園の奥は、ふいに住宅地になるのですが、その民家の一角が今回ご紹介する「閑古鳥」さんです。

2013101105.JPG
2013101106.JPG

テニスコート脇の細い路地に面した民家なので、「ほんとうにほんとうに、ここ入っていいの?」と不安になるのですが、入ってしまえば、親しみ深いマダムが我が家のように出迎えてくれるからご安心を。

2013101107.JPG

2013101109.JPG

表向き完全な民家なのですが、玄関が広くてびっくり!作家さんのものらしき立派な絵も飾られています。驚いていると、山手公園に来た人たちが気軽に休めるカフェを作るつもりで家を建て替えたので玄関も広いのだそう。

2013101111.JPG

そう言う訳で、ティールームの中も、民家なのだけれど、来客がくつろげるように広々とした間の作りになっています。和室だけれど、掘りごたつ風に座れるあたり、外国の方が喜びそう!と思っていたら、やはり外国人のお客様も多いとのこと。

2013101114.JPG

よくドラマなどで政治家が懇意にしている料亭で密談を交わしたりするシーンがありましたが、閑古鳥さんには密談ではないにしろ、人が集まって「物事を練り上げていく」時によい案が浮かびそうな、ほどよい距離感の空間です。(実際、和室には人の心を鎮めて集中力をあげる力があると科学的に立証されているそうです)

2013101119.JPG

さて、メニューはこちら。

今回は季節のパフェとコーヒー(セットにすると1000円になります)とマドレーヌ(150円)をいただきました。

2013101120.JPG

コーヒーは宮内庁御用達の豆を使ったロイヤルブレンド。
コーヒー独特の酸味やえぐみがなくて、紅茶のようにあっさり頂けるスッキリした味わいでした。「皇室の方もこれを飲んでいらっしゃるのね」と思うと自然と背筋が伸びてきます。

2013101115.JPG

よく趣味は形から入る、という方がいらっしゃいますが、それはある意味あっていて、そうしたほうが、自分がなりたい自分を想像しやすいので、実際上達もはやくなることがあるそうです。自分の知らない世界の物をこうやっていただくことで、自分の知らない何かが目覚めるかもしれないですね。

マドレーヌは甘さ控えめ。甘いものが苦手な方でも美味しく頂けると思います。

2013101116.JPG

秋のパフェはリンゴのパフェでした。
りんご、と一口に言っても、トップのリンゴと中のリンゴでは種類も煮かたも違って、食べるととても手間がかかっているのがわかります。
おまけに上には金箔が!!!
採算度外視のおもてなしの心を感じます。
このパフェ目当てにわざわざ遠くかのお客様もいらっしゃるそうですがそれも納得です。

2013101117.JPG

マダムはとてもお話し好きなので、一人で行っても、初対面でも、まるで親戚の伯母さんのように気さくに色々お話してくれます。その端ばしに伺えるのは、料理や素材に対して自分なりの美意識がはっきりある、ということ。

主婦が自分の家を開放してはじめたお店にしては、意識が高い、と思っていたら、マダムのご実家は横浜で2番目に古い洋食屋さんなのだそうで、
お店で出されているピザトーストには、たっぷり手間暇をかけた、その洋食屋さんの味が引き継がれているそうです。

2013101113.JPG

家のいたるところには、いろんな手作りのものが置かれていて、品物によっては買うこともできるのだけれど、それらは全て、閑古鳥さんにあつまるモノづくり作家さんのものだのだそう。

こだわりが強い人のところには自然と自分の求める先にこだわりがある人が集まってくるのですね。

2013101112.JPG

近所の人も我が家のように、気軽に、ふらりと立ち寄るティールームですが
「ここ一番の何か」例えば、就職試験に備えてエントリーシートを書くとか、公募する作品を仕上げるとか、通したい企画を練る、とかの時に、皇室御用達のコーヒーを飲みながら作業をしたら、自分の中のいい面が出た仕上がりになりそうです。

もし煮詰まったら、ティールームに集まる方にお知恵を拝借、なんていうのもありかもしれませんよ。私もお茶しに行った時は、歴史に名の残る方の血をひかれた面白いおじいさまがいらっしゃって、面白い話を聞かせていただきました。

「閑古鳥」
9:00〜19:00
日曜日
神奈川県横浜市中区妙香寺台18
045-623-6343

閑古鳥

緑の美しい山手公園の奥は、ふいに住宅地になるのですが、その民家の一角が今回ご紹介する「閑古鳥」さんです。テニスコート脇の細い路地に面した民家なので、「ほんとうにほんとうに、ここ入っていいの?」と不安になるのですが、入ってしまえば、親しみ深いマダムが我が家のように出迎えてくれるからご安心を。

  • ショップ・スポット名
    閑古鳥
  • 住所
    神奈川県横浜市中区妙香寺台18
  • 電話
    045-623-6343
  • 営業時間
    9:00〜19:00 ※おばちゃんの気分次第で閉店が早まる場合あり
  • クレジットカード
    不可
  • 駐車場
  • 喫煙
    不可
  • 予約
  • サービス料・チャージ
  • 平均利用額
    〜1,000円
  • 個室
  • 総座数
    20席(テーブル3席、畳部屋(掘りごたつあり))
  • ペット
    不可
  • テイクアウト/お弁当
  • お子様メニュー
  • ドリンク
  • コース料理
  • 貸切

マップ

関連記事

  • 見た目も味も、フルーツがアクセントになったこだわりスイーツ

  • 原料は生乳と食塩のみ。極ウマ牛乳がバターになった!

  • 丹沢山の伏流水と自社米を使った名酒「琴姫」が飲める店

  • タクシードライバーが通う! 気軽に天ぷらが味わえる店