mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

洋風・和風を問わず、ノンジャンルで美味しいものを召し上がれ!

店名の「マクガフィン」とは、登場人物への動機付けや展開に緩やかに絡む“仕掛け”を指す言葉で、映画監督のヒッチコックが使っていたものだとか。そのココロは、オーナーの「お客様の暮らしの中の“キーポイント”や“スパイス”のようなお店になりたい」という思いに通じる。
実際のところ、このお店を一言で定義するのは難しい。肉料理、野菜料理、エスニック。夜はクラフトビールからワイン、日本酒、焼酎、スピリッツまで。つまりは、美味しければなんでもあり、なお店なのだ。まずはボリューム満点のランチタイムにトライ!


ランチタイムの人気者は「USプライムビーフ 肩ロース“ザブトン”ステーキ。たっぷり150gのステーキに、ライスorパン、ミニサラダ、ドリンクが付いて1,500円。ソフトドリンクがおかわり自由なのが嬉しい。
ちなみに写真は、ミニサラダを横浜地野菜バーニャカウダに変更(+300円)したヴァージョン。


こちらは「若鶏のハーブグリル」。同じセット内容で1,000円。ハーブでマリネした鶏もも肉をジューシーに焼き上げ、オリジナルソースでいただきます。
ランチタイムはミニビールやグラスワインが1杯300円でいただけるので、つい喉がなってしまいそう。


せっかくなので、+300円でミニサラダから変更できる「横浜地野菜バーニャカウダ」をアップでご紹介。彩もよく、野菜が美味しくたっぷりとれる。


天然木を基調としたインテリアが落ち着いた雰囲気を醸し出している。明るい自然光が注ぎ込むランチタイム。照明の穏やかな光に照らされるディナータイム。どちらもいい雰囲気♪


カウンターの片隅で見つけた、自家製の「ジンジャーシロップ(500円)」と「ジンジャー&アップルジャム(800円)」。シロップはソーダで割ってジンジャエールに、ジャムはヨーグルトやトーストと一緒に。美味しいだけでなく、ポカポカ効果も満点。


代表の伊藤雄一さん。「うちの店は、和食屋さんとか、イタリアンとか、人によっていろんな捉え方がされているようです(笑)。ジャンルを問わず美味しいものを召し上がっていただきたいと思っているので、お好きなようにお使いいただければ、と思っています。」

McGUFFIN

肉料理、野菜料理、エスニックと様々なジャンルの料理に、クラフトビールからワイン、日本酒、焼酎、スピリッツなど、お酒も豊富。さらには自家製ジンジャーエールまでご用意。
木を基調としたぬくもりのある空間で、お食事をお楽しみください。

  • ショップ・スポット名
    McGUFFIN
  • 住所
    横浜市中区太田町5-68
  • 営業時間
    【ランチ】11:30~15:00 【ディナー】17:00~24:00
  • サービス料・チャージ
  • 平均利用額
    【ランチ】¥800~¥1,000 【ディナー】¥3,000~¥4,000
  • 総座数
    20席
  • 席種
    カウンター:6席
  • ドリンク
    ビール、ワイン、日本酒、焼酎、カクテル、ウイスキー、泡盛、ノンアルコールビール

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 目の前で揚げたてサックサクをほおばる粋な時間に酔いしれて。

  • 【ストラスブール】手間を惜しまず作られた上質な味

  • 箱根の山、竹林に囲まれた絶景日帰り温泉

  • シェフの人柄にじみ出る優しいお味に癒される。