mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

丼の中で美味しさが混ざり合う、本格派スリランカカレー。

カレーといえば、日本人が大好きな料理の一つ。とはいえ、本格的なスリランカカレーが食べられるお店はまだ珍しい。インドカレーと比べるとサラッとしているのが特徴といわれ、数種類のカレーやおかずをお皿の上で混ぜて食べるのが定番だとか。
こちらのお店では、丼ご飯に3種類のカレーを盛り合わせるという、日本人に馴染みやすいスタイルで提供している。ランチセットにはサラダやアチャール(ピクルス)が付いてくるので、これらも丼に混ぜて自分の好みの味でいただくのもOK。


アンティークな建物とスリランカテイストがマッチして、いい雰囲気を醸し出している。関内で営業していたが、ビルの建て直しに伴い2011年に馬車道へ移転。実はmirea編集部のすぐ近く!


入り口から覗いたときは「こぢんまりとしたお店」と思ったけれど、2階はとっても明るくて開放的。グループでもゆっくり食事ができる。


こちらがランチタイムの「スリランカカレー」。3種カレー盛合せ丼に、ドリンク(ホットorアイス)、サラダ、小鉢、デザートが付いて864円。デザートの紅茶ゼリーは、もちろん、スリランカの紅茶を使った自家製。和風の食器でサーブされるのがオシャレ。


厨房を覗かせていただくと、そこには確かに3種類のカレーがそれぞれいい香りの湯気をあげていた。仕込みが大変そうだが、そこにスリランカへの愛を感じる。


お店の石井雅士さん・広美さんご夫妻は、元国家公務員。お二人とも紅茶好きだったことからスリランカに通いようになり、その愛が高じてお店を始めてしまったとか。確かに、一口食べるごとにお二人の「愛」を感じるかも♪


店頭ではスリランカ紅茶も販売。
お店で使う食材は、すべてスリランカから直接仕入れている。「積み出し港のコロンボから海を渡り、2〜3週間かけて横浜港に着いた荷物を受け取りに行く。そんなスリランカとの間に流れる、ゆったりとした時間を感じられるのも幸せなんです」と、石井さん。


店内には、スリランカの古い写真やポスターなどが所狭しと飾られている。


かつてイギリスの統治下にあったスリランカは、アップルパイ、ビスコッティなど英国風のスイーツも美味しい。スコーンは、食事としてカレーなどと一緒にいただくタイプもある。

錫蘭紅茶本舗SINHA

当店は横浜・関内にあるセイロン紅茶専門店です。 当店では、スリランカの各茶園から空輸便にて直輸入された新鮮でおいしい紅茶をご紹介致しております。 自然の恵みである紅茶は、その産地や時期により香りや色、風味が変わってきます。

  • ショップ・スポット名
    錫蘭紅茶本舗SINHA
  • 住所
    神奈川県横浜市中区北仲通4-46
  • 電話
    045-663-7625
  • 営業時間
    平日:11:00~19:00 土日祝:11:00~18:00 ランチ:11:30~13:30(※平日のみ)
  • 喫煙
    不可
  • サービス料・チャージ
  • 平均利用額
    【ランチ】¥800 【ディナー】¥1,300 【カフェ】¥1,000 【販売】¥1,000
  • 個室
  • 総座数
    34席
  • ペット
    不可
  • テイクアウト/お弁当
  • お子様メニュー
  • ドリンク
    アルコール有 ノンアルコール無
  • コース料理

マップ

関連記事

  • あれも、これも、それも! いろいろな種類を大人買い

  • トマトの豆知識

  • 熱々スープをそのままテイクアウトできる魔法瓶水筒

  • 本格インドのカレーが、いろいろ味わえる!