mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

アペリティフ365 in 横濱 2017

横浜の豊かな食文化と

おいしい時間をご一緒に!

 

ヨーロッパの中でも、特にArt de viver(アール・ド・ヴィーヴル)を大切にし、日々の生活の中にゆとりのひとときを求めることで知られるフランス人。彼らにとって、食事をはじめる前に飲み物とおつまみで友人たちとおしゃべりを楽しむアペリティフタイムは欠かせないものです。そんなフランスのゆとりある食習慣を広く知っていただくこと目的とするイベント「アペリティフ365in横濱2017」が、今年も開催されます。

会場には、地元横浜の農産物を使用した地産地消の一口ディッシュなど、レストランやホテルのシェフが調理したオリジナル料理アペリティフがせいぞろい。ワインやカクテルとともに、お手軽価格で楽しめます。うれしいことに、なんと入場は無料!音楽ライブも予定されているので、一日ゆっくり楽しんじゃいましょう!

 

[日程]2017年6月1日(木)第1部12:00〜17:00、第2部18:00〜21:00

[会場]ブラッスリー・ティーズ・ミュゼ(横浜美術館1F)

[主催]NPO法人横浜ガストロノミ協議会

*詳細は協議会HPで

https://www.yokohamagastronome.com/

写真は2016年アペリティフ365 in 横濱で販売されたアペリティフの一部です。

関連記事

  • 老維新 (ろーいしん) 童心に戻りパンダを食す。

  • 冷やすと○○に変身?!夏に大活躍のオイル

  • TAKARADA元町本店 空気を変えるテーブルウエア

  • パーティだってがっつり食べたい!