mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

店主の「好き」が詰まった小さな和菓子屋さんで、ほっこりなひととき

tea? coffee? or art?
見つけた
アートなカフェタイム
—– vol.06 —–

we meet
[お茶の子 まめ]

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おいしいお茶やコーヒーが飲める。その
まわりに素敵なアートがあればちょっと
贅沢な気分になれる。そんなおしゃれな
ヨコハマ・カフェをご紹介していきます。
今回mireaがセレクトしたのは…
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

東急東横線白楽駅から神奈川大学方面へ歩くこと15分。
学生で賑わうこの街に昨年10月オープンした「お茶の子 まめ」。
お店はバス通りに面した神奈川大学入口バス停前にあります。

軒先には店主がつくった「どら焼き」の看板。
「お茶の子 まめ」はどら焼きが看板メニューの和菓子屋さんです。

暖簾をくぐり、木製の引き戸を開けて中へ。
小豆で染めた暖簾もまた店主のお手製。

「いらっしゃいませ」と着物姿で迎えてくれたのは、店主の山口 さよこさん。
山口さんは製菓学校を卒業後、和菓子屋に勤めるも、転職して一度サラリーマンに。
どら焼きは、サラリーマン時代に趣味でつくっていたお菓子の中で一番評判がよく、
自身の「好き」を形にしたお店を始めるとき、看板メニューにと決めたそうです。

こちらがまめの看板メニュー「まめのどらやき 200円」
あんこ好きな店主がつくる粒あんは、小豆の風味とつぶがしっかり残った食感。
なんでも、精製度を抑え香りやコクが残るこだわりの砂糖を使い、
炊いていると香ばしくてよい香りがするんだとか。

消費期限は2日。焼きたてはしっとり、ふんわり。翌日は、餡と皮が馴染んでしっとりした味わいに。
今日売る分だけを焼いて、売り切りです。

ボリュームもちょうどいいので、飽きることなくあっという間に完食してしまいます。
つぶつぶ餡を軽めの皮で包んだ口触りの優しいどら焼きは、2つ3つ食べたくなる美味しさ。

訪ねたのは平日でしたが、今日は15時で完売。そして本日の営業は終了です。
早い日には、お昼過ぎに売り切れてしまいますので、予約しておけば1個から取り置きすることができます。

店内には畳の小上がりが有り、気持ちは呉服屋さんのお店先。
どら焼きを買いに来られたご近所さんが、小上がりにちょこんと腰かけて、
店主がどら焼きを袋に詰めている間、おしゃべりを楽しんで帰られました。
今の時代、こういった会話のやり取りが少なくなってきたように思います。
こういうお店が近所にあると、和みますね。

窓際にはレトロな椅子が設置されており、こちらでもお菓子とお抹茶をいただくことができます。
お干菓子とお抹茶のセット550円。

お抹茶はお好きな器で。

この日は神奈川大学の学生さんが訪ねてきて、どら焼きを買って帰られるのかと思いきや、
店内でお抹茶をいただきたいとのこと、どら焼きとお抹茶を注文されました。
男子学生がお抹茶を飲む姿がなんだか新鮮で、写真を撮らせてもらいました。
お抹茶は作法があって敷居が高く思われがちですが、こちらでならお作法も気にすすることなく
気軽にお抹茶を楽しめます。

小さなお店が賑やかに。
お客さん同士も「よく来るの?」と、つい話掛けたくなる和やかな雰囲気。

どら焼きの他、日持ちするお干菓子「寒氷 5個 350円(税込)」「琥珀糖 30g 250円(税込)」「和三盆糖 200円(税込)」
店主一押しは、寒氷。香ばしいかおりがして、お抹茶だけでなくコーヒーにも合うそうです。

こちらが、琥珀糖。
原材料はシンプルで、砂糖を寒天で固めて表面を乾燥させた和菓子です。
数日間乾燥させるので、しゃりしゃり、中はぷるんとした食感。
まめの琥珀糖は出来る限り自家製のシロップで色付けや味付けをしています。
ピンクはフランボワーズ、緑はキウイのシロップを使用。

こちらは阿波和三盆糖のお干菓子。
シュールなキツネの木型は、全国に数人しかいない菓子木型職人 市原吉博さん手製のもの。
3つありますが、よく見ると一つ一つ表情が違うんです。
可愛らしいお干菓子は、食べるのが惜しくなります。


引き戸上の枠に置いてある美人ならぬ、美猫の招き猫。


季節色の和紙でつくられたショップカード。


一輪挿しの瓶には、季節の野花。

店主の「好き」が詰まった店内はどこか居心地よく、ついまた行きたくなってしまう魅力がありました。

お茶の子 まめ

毎朝焼いているどらやきは、しっとりふんわり素朴な味のどらやきです。小上がりのある店内でお抹茶を一服いかがですか?

  • ショップ・スポット名
    お茶の子 まめ
  • 住所
    神奈川県横浜市神奈川区六角橋2丁目9-3
  • 電話
    050-5316-0456
  • 営業時間
    10:00~売切

マップ

関連記事

  • 体がぽかぽかと温まる絶品グルメ!【vol.44】

  • 味付けは一切なし! 丸ごと焼いた鯖を醤油と生姜で

  • 美容の味方「りんご」の魅力

  • 小松菜の豆知識