mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

ものがたりのあるレシピ 2月 『牡蠣のオイル漬け』

ものがたりのあるレシピ 2月

『牡蠣のオイル漬け』

フランスでもごちそうとして愛される食材『牡蠣』。冬も終わりに近づいたシーズン終盤の牡蠣は大振りで火を通す料理に向いています。さっと火を通し、オイルに付ければ、バゲットにもワインにもよく合うおつまみに。2月の牡蠣ならではの大振りの食感をお楽しみください。

<材料>

牡蠣 400g  オイスターソース 大さじ2

Ⓐ オリーブオイル 牡蠣が浸る程度  にんにく 1片  ローリエ 1枚     唐辛子 お好みで1本

  1. 牡蠣はよく洗ってザルにあげて水気を切る。にんにくは2ミリ程度にスライスする。
  2. フライパンを熱し、1の牡蠣を入れて乾煎りする。牡蠣がころんとした形になってひとまわり小さくなったらオイスターソースを加えてひと煮立ちさせる。
  3. 2を清潔な容器(タッパーや瓶など)に入れて、Ⓐを加える。一晩漬けて翌日以降が食べごろ。

そのままでももちろん、写真のようにバゲットと合わせたり、漬けたオイルと共にパスタに絡めても美味しいです。牡蠣が大きいこの季節に是非!

このスポットの記事

関連記事

  • 麺の源流をたどる世界「麺ロード」の旅へ!

  • 食べやすい一口サイズで、冷めてもおいしい

  • 「閑古鳥」 ものづくり作家が集う山手公園のティールーム

  • コーヒー&パンでくつろぎのモーニングタイム