mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

無印良品の思想が詰まった安らぎの家

生活雑貨から衣類、食料品まで幅広く展開する無印良品。住宅も手がけており、その名もずばり「無印良品の家」です。
「木の家」・「窓の家」・「縦の家」とそろったラインナップのうち、港北ニュータウン店では「木の家」モデルハウスを見学できます。大きな特長である「南側に大きく開いた設計」により、一歩中に入ると驚くほどの明るさと開放感!日差しや風の流れなど自然の力を最大限生かすパッシブデザインにより一年を通じて居心地がよく、取材におじゃました1月末でもエアコンは使わずに室内がポカポカしていました。
また、ゆるやかにつながるのは空気だけでなく、家族も同じ。リビングが吹き抜けとなっており、2階全室からLDKを見下ろせるため、家族が互いの気配を感じながら、思い思いの時間を過ごせます。キッチンで料理をするママが「ゴハンよ」と呼ぶ声が2階の子どもたちに届いたり、穏やかな週末の朝、階下から漂うコーヒーの香りで目覚めたり……そんな幸せな情景がよく似合うのが「無印良品の家」なんだなあと感じました。
「無印良品の家」の魅力をより深く知りたいという方に向けて、同社では「家づくり講座」(無料)を開催。初心者に向けた講座から、設計や構造を学ぶ講座まで全8つが用意されています。開催スケジュールの確認や、予約申し込みは同社ホームページよりどうぞ。

2階の主寝室から1階LDKを見下ろしたところ。家中がぐるっと繫がる設計になっている。
キッチンは、ダイニング・リビングが見渡せる対面式。家族とおしゃべりしながら食事の準備をするのも楽しそう!
システムキッチンはオールステンレス(標準仕様)。見た目に美しく、汚れもサッと掃除できる。勝手口も付いており、ゴミ出しなどの際に便利。
天井高のキッチン背面収納は、食器だけでなく家電も丸ごと入る。冷蔵庫も引き戸で隠すことができ、生活感が出ないのがうれしい。
主寝室から、洋室と勉強スペースを見たところ。扉をつけずオープンな空間になっているが、子どもたちが成長したのちは個室に仕切ることができる。
清潔感にあふれ、ゆったりくつろげる洋室。
時間帯や季節にかかわらず、穏やかな光が差し込む北側居室は子どもの勉強スペースにぴったりだ。収納棚は、無印良品のファイルなどがちょうど収まるサイズ。
主寝室の収納スペース。奥行き・幅ともに十分あり、洋服や小物類がきちんと片付く。中に入れたい収納家具に合わせて、大きさを相談できるそう。
主寝室。
南面は軒が深い設計になっており、太陽が高い夏、太陽が低い冬ともに日差しが入るよう高さや角度が考えられている。これもパッシブデザインの一環だ。
港北ニュータウン店の里見忠昭店長。優しい笑顔で、家づくりの相談に乗ってくれる。

「無印良品の家」の動画はこちら!

無印良品の家 港北ニュータウン店

緑の豊かな街、都筑区にある無印良品の家 港北ニュータウン店では「木の家:モデルハウス」をご紹介しています。

  • ショップ・スポット名
    無印良品の家 港北ニュータウン店
  • 住所
    神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎東2-2-15
  • 電話
    045-941-6264

マップ

関連記事

  • 横浜で獲れた旬の野菜いっぱい!宅配もOK!「濱の八百屋」

  • 新たな書の楽しさを教えてくれる人●書家 こばやし鷺游さん

  • パーツを買ったらその場でアクセサリー作りスタート!

  • とっておきのワインで、乾杯!さぁ、パーティの始まり!