mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2020.02.05

「演劇資料室」収蔵の名作戯曲を高校生が熱演します!(入場無料)

 

全国大会の最優秀賞校が県庁でリーディング公演!
~「演劇資料室」収蔵の名作戯曲を高校生が熱演します!~
「第43回全国高等学校総合文化祭佐賀大会(2019さが総文)」で最優秀賞を受賞した逗子開成高等学校の演劇部が、県庁の本庁舎公開でリーディング公演(※)を行います。演劇に関して国内有数のコレクションを誇る、県立青少年センター内「演劇資料室」が収蔵する珠玉の名作戯曲「或る日の一休」(武者小路実篤 作)を高校生が熱演します。是非お越しください!
(※)俳優が脚本を手にし、朗読することにより演劇を行う公演のこと。

 

*公演当日3月8日(日)は、県庁本庁舎の公開を実施します。普段見ることができない、正庁、知事室(扉の外から御覧いただけます)、旧議場(大会議場)、旧貴賓室(第3応接室)を見学することができます(10:00~16:00)。

 

《あらすじ》
演目「或る日の一休」(武者小路実篤作)
二日間食事をしていない一休和尚と寺男。一休和尚は「食事をするための良い考えを思いついた。」と、鉢巻をして心張棒(しんばりぼう)を片手に、庵(いおり)を飛び出していくのだが…。

 

PROFILE
逗子開成高等学校演劇部
戦前から演劇を行う部活動として活動。2018年度に、飛塚周・逗子開成高校演劇部・作「ケチャップ・オブ・ザ・デッド」で県大会・関東大会を突破、2019年7月の全国大会(佐賀県)に初出場を果たし、最優秀賞(文部科学大臣賞)を受賞し、全国制覇を果たす。同年8月には東京・国立劇場でお披露目上演を行った。

 

リーディング公演「或る日の一休」(武者小路実篤作)
[日時]3月8日(日)13:00〜(上演時間は1時間程度を予定)
[会場]神奈川県庁本庁舎 3F大会議室
[出演]逗子開成高等学校演劇部
[料金]無料(予約不要、当日直接会場へお越しください)
[主催]神奈川県
[問合せ]045-285-0760 または 045-210-3806(国際文化観光局文化課)
※県庁本庁舎公開に関するお問合せは、総務局財産経営部庁舎管理課(電話:045-210-2600 または 045-210-2620)まで。

 

 

SPOT INFO

神奈川県庁本庁舎(キング)

横浜を代表する塔、神奈川県庁の「キング」、横浜税関の「クイーン」、横浜市開港記念会館の「ジャック」。まだ高い建物がなかった昭和初期、外国船の船員は、横浜港から見えるこれらの塔を、親しみを込めてそう呼び、この塔に航海の安全を祈り、この塔を目印に入港したといいます。そんな昔の人にあやかり、今では三塔を一望できるスポットをまわると願いがかなう、との言い伝えも。毎年3月10日は「三塔の日」としており、その時期にはさまざまなイベントが開催されています。

  • ショップ・スポット名
    神奈川県庁本庁舎(キング)
  • 住所
    神奈川県横浜市中区日本大通1
  • 電話
    045-210-1111
  • URL
検索