mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2020.02.03

フリースクールの10代の子供たちによる授業型パフォーマンス!!

 

未来を生きていく子供たちがみんなに教えたいこと、今伝えたいこと、文字通り「子供から学ぶ」演劇的体験!!

 

《この公演について》
神奈川県立青少年センターでは、不登校等の課題を抱えた青少年向けにコミュニケーション力や自己肯定力等を高めるためのワークショップ(舞台芸術活用青少年支援事業)を、県内の青少年支援団体(機関)との協働で実施しています。今回の公演は、平成29年度から実施している「寄宿生活塾はじめ塾」での演劇ワークショップ(講師:多田淳之介【演出家、東京デスロック主宰】)の3年間にわたる取組成果を劇場公演という形で広く発信することで、青少年を取り巻く心の課題に対し、舞台芸術の持つ力が課題解決の糸口の1つとなる可能性を提示することを目指すものです。

 

《寄宿生活塾 はじめ塾》
神奈川県小田原市にある寄宿生活塾。さまざまな関係性を学び、生きる力を身に付けていく夫婦小舎制の民間教育の場として誕生した。「生活」にはすべての教育的要素が含まれているとの考えから、寄宿塾という形態をとっており、日常生活と学習活動をベースに、農作業や能楽など多彩な活動を展開。現在は不登校になった子も含み、自立した生き方を模索して入塾する子など15人ほどの寄宿生が共同生活を送り、自宅から通う子たちもいる。

 

《東京デスロック》
多田淳之介を中心に2001年より活動開始。古典から現代戯曲、小説、詩、ネット上のテキストなど様々な題材から現代を生きる人々の困難や喜びを描き、舞台と客席の境界を無くすなど体験度の高い作品を発表する。主宰の多田は全国で子供や市民対象のワークショップ、創作を多数手がけ演劇の持つ協動力を広く伝える。2009年より東京公演休止を宣言。2011年度より、「地域密着、拠点日本」を宣言し、ヨーロッパ、アジアなど国内外問わず活動する。2014年には日韓合作『カルメギ』が韓国で最も権威のある東亜演劇賞を受賞。演出の多田は初の外国人演出家による演出賞を受賞。

 

 

寄宿生活塾 はじめ塾×東京デスロック
『Anti Human Education2~TEENS Edit.~』
[日時]2月29日(土)・3月1日(日)各日14:00〜
※受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前です。
[会場]神奈川県立青少年センター スタジオHIKARI
[構成・演出]多田淳之介
[出演]寄宿生活塾 はじめ塾のこどもたち、東京デスロック
[料金]一般前売¥2,000、一般当日¥2,500、高校生以下無料
※高校生以下の方は、当日受付にて学籍、年齢を確認できる証明書をご提示ください。
[チケット販売]
チケットかながわ TEL.0570-015-415(10:00〜18:00)
※一般のみのお取り扱いとなります。
※高校生以下のチケットをご希望の方は、青少年センターホール運営課(045-263-4475)にお電話ください。
[主催]神奈川県、一般社団法人unlock/東京デスロック
[問合せ]045-263-4475(青少年センターホール運営課/9:00~17:00)

 

 

SPOT INFO

神奈川県立青少年センター

県立青少年センターは、青少年の健全な育成を図り、あわせて県民の教養の向上に資するための施設として、青少年施策の総合的な展開、舞台芸術の振興のために、次の4つの柱で事業に取り組んでいます。
1.青少年の体験学習を推進する人材の育成
2.青少年のひきこもり、不登校や非行等への対応
3.青少年の科学体験活動の促進支援
4.青少年や県民の舞台芸術活動への支援

 

  • ショップ・スポット名
    神奈川県立青少年センター
  • 住所
    神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘9-1
  • 電話
    045-263-4400
  • 営業時間
    ※紅葉坂ホール、スタジオHIKARI、練習室(受付窓口を除き)9:00〜22:00 ※演劇資料室 9:00〜22:00 ※青少年資料室 9:00〜17:00 ※青少年サポートプラザ 9:00〜21:00(日曜日は17:00まで) 【休館日】年末年始(12/28〜1/4)※但し、青少年サポートプラザ、青少年資料室、演劇資料室は毎週月曜日も休館します。
  • URL
検索