mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2020.01.22

昭和を彩る女優たち、その永遠の魅力を展示&スクリーンで紹介!!

 

時を超えて愛され続ける映画は、令和を迎えた現在も、私たちに新たな感動を与えてくれます。昭和11年に解説した松竹大船撮影所は、多くの名作を生み“女優王国”の名を全国に轟かせ、昭和から平成へと時代を歩みました。本展は、「昭和」という時代とともに、松竹大船撮影所で活躍した女優たちの奇跡を辿る企画展です。時代の記憶とスクリーンに輝き続ける永遠の魅力をぜひお楽しみください。

 


『二十四の瞳』

 


『砂の器』

 

 

企画展
昭和を彩る女優たち
松竹大船撮影所物語
[日時]1月18日(土)〜3月27日(金)
[会場]鎌倉市川喜多映画記念館
[休館日]月曜日(月曜日が祝日の場合は開館)、2月25日(火)
[上映作品]『帰郷』(1950年)、『君の名は(総集編)』(1953-54年)、『カルメン故郷に帰る』(1951年)、『二十四の瞳』(1954年)、『秋津温泉』(1962年)、『雪国』(1965年)、『横堀川』(1966年)、『彼岸花』(1958年)、『秋刀魚の味』(1962年)、『幸福の黄色いハンカチ』(1977年)、『男はつらいよ』(1969年)、『砂の器』(1974年)
※上映スケジュール、関連イベントなど詳細は鎌倉市川喜多映画記念館の公式サイトでご確認ください。
※「映画鑑賞」と、トークイベント付きの「特別上映」の料金は異なります。
[料金]
《企画展》一般¥200、小・中学生¥100 ※映画鑑賞料金は別途。
《映画鑑賞》一般¥1,000、小・中学生¥500(展示観覧料を含む)
《特別上映》一般¥1,500、小・中学生¥750(展示観覧料を含む)
※チケット完売の場合はご入場いただけません。座席数は51席となります。
[チケット販売]1・2月の上映作品は販売中。3月の上映作品は2月15日(土)から販売開始となります。
■鎌倉市川喜多映画記念館窓口 TEL.0467-23-2500
■たらば書房 TEL.0467-22-2492
■島森書店(鎌倉店) TEL.0467-22-0266
[TEL]0467-23-2500(鎌倉市川喜多映画記念館)
※作品により映像・音声が必ずしも良好でないものがあります。場合によっては上映素材・作品の変更がありますことをご了承ください。

 

『帰郷』(大庭秀雄監督/104分/1950年/白黒/35mm)

©︎1950 松竹株式会社

 

『君の名は(総集編)』(大庭秀雄監督/235分/1953-54年/白黒/35mm)

©︎1954 松竹株式会社

 

『カルメン故郷に帰る』(木下惠介監督/86分/1951年/カラー/DCP)

©︎1951_2012 松竹株式会社

 

『二十四の瞳』(木下惠介監督/156分/1954年/白黒/DCP)

©︎1954_2007 松竹株式会社

 

『秋津温泉』(吉田喜重監督/112分/1962年/カラー/35mm)

©︎1962 松竹株式会社

 

『雪国』(大庭秀雄監督/113分/1965年/カラー/35mm)

©︎1965 松竹株式会社

 

『横堀川』(大庭秀雄監督/100分/1966年/カラー/35mm)

©︎1966 松竹株式会社

 

『彼岸花』(小津安二郎監督/118分/1958年/カラー/DCP)

©︎1958/2013 松竹株式会社

 

『秋刀魚の味』(小津安二郎監督/113分/1962年/カラー/DCP)

©︎1962/2013 松竹株式会社

 

『幸福の黄色いハンカチ』(山田洋次監督/108分/1977年/カラー/DCP)

©︎1977 松竹株式会社

 

『男はつらいよ』(山田洋次監督/91分/1969年/カラー/DCP)

©︎1969 松竹株式会社

 

『砂の器』(野村芳太郎監督/143分/1974年/カラー/DCP)

©︎1974 松竹株式会社/橋本プロダクション

 

 

SPOT INFO

鎌倉市川喜多映画記念館

鎌倉市川喜多映画記念館は、映画の発展に大きく貢献した川喜多長政・かしこ夫妻の旧宅跡に、鎌倉市における映画文化の発展を期して、2010年4月に開館しました。本記念館では、映画資料の展示、映画上映をはじめとし、映画関連資料の閲覧やWeb検索も行なっていただくことができます。また講座・講演会やワークショップなども年間を通じて開催いたします。

建物は平屋建ての和風建築で、数寄屋造りのイメージを表現し周囲の環境に調和しています。板塀もかつての面影をそのままに復元しており、展示室の明るく広い開口部からは緑豊かな庭園も眺められ、古都鎌倉の落ち着いた雰囲気をかもし出しています。

*******************************
連日賑わいを見せる小町通りから近いながらも、一本奥に入っただけとは思えない閑静な環境に位置し、古都鎌倉らしいゆったりとした時間をお過ごしいただけます。また、いまや鎌倉市から映画館の灯火は消えてしまいましたが、フィルム映写機の設備を備えた劇場では、古今東西の名作を定期的に上映しており、大きなスクリーンで映画をご堪能いただけます。

*******************************

《アクセス》
●JR鎌倉駅・江ノ電鎌倉駅 東口下車
●小町通りを八幡宮に向かい 徒歩8分

  • ショップ・スポット名
    鎌倉市川喜多映画記念館
  • 住所
    神奈川県鎌倉市雪ノ下2-2-12
  • 電話
    0467-23-2500
  • 営業時間
    9:00〜17:00(入館は16:30まで) 【休館日】毎週月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、翌平日を休館日とします)、年末年始、展示替期間など
  • クレジットカード
    不可
  • 駐車場
    無(駐車設備がありませんので、 公共交通機関をご利用ください。)※但し、障がい者用駐車スペース1台有。
  • 予約
    可(映画のチケットは、原則上映日前月の第3土曜日より、記念館窓口・島森書店・たらば書房・上州屋にて販売、但し電話予約は不可)
  • 平均利用額
    【観覧料】(通常展)一般¥200、小・中学生¥100、(特別展)一般¥300、小・中学生¥150 【映画鑑賞券】(通常上映)一般¥1,000、小・中学生¥500、(特別上映)一般¥1,500、小・中学生¥750 *その他、割引料金等について詳しくは記念館までお問い合わせください。
  • URL
検索