mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2020.01.14

アレンジで名曲再発見♪「デュオ ルクレール」のおもしろ音楽講座

 

サックスとピアノのロマンティックサウンド「デュオ ルクレール」
(サックス:松本ひろ実、ピアノ:松本修一)
「ルクレール」とは、フランス語で「光」の意味。懐かしい映画やミュージカル、ジャズ、ポップスの名曲、更にクラシカルクロスオーバーやファンタジックなオリジナル作品など、多様なスタイルでコンサートやイベント、ホテル、美術館、博物館、プラネタリウムでの演奏や、各地方自治体の生涯学習講座への出演等、多方面で活躍中。これまでに「この素晴らしき世界〜What a Wonderful World〜」(絵本付き)など7枚のCDをリリース。埼玉県越谷市において、〈こしがや「まちかどに音楽を!」プロジェクト〉の代表として年間約20公演をプロデュース。

 

《プログラム》
……何の曲か分かりますか?
☆ もしも1810年生まれの 「ピアノの詩人」 が現代に生きていたら…
☆ 3人の作曲家 × 「 デュオ ルクレール 」のコラボレーション
☆ メロディーを活かしたバリエーションの楽しみ
☆ 壮大なクラシック音楽がポップスに大変身!
☆ 曲の雰囲気は強弱のさじ加減
☆ ちょい足しアレンジ = 間奏のマジック
☆ この際、とことんド派手に行きましょう! などなど…

 

 

「デュオ ルクレール」のおもしろ音楽講座
<アレンジでこんなに楽しい!名曲再発見☆>
第14回山手芸術祭参加公演
[日時]2月8日(土)18:00〜19:00(17:30開場)
[会場]山手111番館
[出演]デュオ ルクレール
[料金]¥2,000
[チケット販売]デュオ ルクレールの公式サイト、または下記電話・FAXにてお申込みいただけます。
[主催]デュオ ルクレール
[TEL&FAX]048-985-2990(デュオ ルクレール)

 

SPOT INFO

山手111番館

山手のワシン坂通りに面した広い芝生の庭を持つ、スパニッシュスタイルの洋館。1926年、アメリカ人ラフィン氏の邸宅として建てられました。正面からは二階建てに見えますが、傾斜地をいかした設計で地下一階もつくられました。一階には吹き抜けホールと海を見晴らすダイニングルーム…。現在ではその美しい建物を満喫したあと、地下一階でゆっくりティータイムを楽しむこともできます。

検索