mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2019.12.17

「馬のおはなし」をテーマに、刀装具の美術工芸品としての美しさに触れよう

 

馬の博物館では2005年、中川コレクションをご寄贈いただき新たに貴重な収蔵品が加わりました。本展覧会では、馬に特別な好奇心を抱えていた故中川洋一氏が収集された刀装具、コインを中心とする同コレクションの中から、「馬のおはなし」を題材とした美術工芸品としての刀装具を展示します。同コレクションには、目貫(めぬき)、笄(こうがい)、小柄(こづか)、鐔(つば)、縁頭(ふちがしら)といった刀装具が200件以上あり、単に馬の姿形を描くだけでなく、日本の合戦や物語、中国の三国志や伝説、あるいは駒曳猿(こまひきさる)といった古来の信仰、風習など、馬に関わる「おはなし」を題材にした作品があります。今回の展示を通して、刀装具の美術工芸品としての美しさだけではなく、「馬のおはなし」を楽しんでいただければ幸いです。

 

テーマ展 中川コレクション ー刀装具に描かれた「馬のおはなし」ー
[日時]12月14日(土)〜2020年2月16日(日)10:00〜16:30(入館は16:00まで)
[会場]馬の博物館 第3展示室
[休館日]月曜日(但し、1/13は開館)、12/25(水)〜2020年1/4(土)、1/14(火)
[料金]大人¥100、小・中・高校生¥30、障がい者手帳をお持ちの方無料 ※毎週土曜日は小・中・高校生無料
[主催]公益財団法人 馬事文化財団
[TEL]045-662-7581(馬の博物館 総務部)

 

 

SPOT INFO

馬の博物館

馬と人との交流によって生まれたさまざまな文物を、自然史・歴史・民俗・美術工芸・競馬などの幅広い分野の中からテーマを定め、年間5〜6回に分けて、ご紹介しています。春には特別展、秋には企画展を開催し、より深く多様な視点から馬文化について知ることができます。

また、ポニーセンターではサラブレッドやポニーなどさまざまな品種の馬を飼養しており、毎週土曜日のにんじんタイムや、毎月第3日曜日の乗馬デーなど、実際に馬とふれあうことができるイベントを行っています。

  • ショップ・スポット名
    馬の博物館
  • 住所
    神奈川県横浜市中区根岸台1-3

    馬の博物館
  • 電話
    045-662-7581
  • 営業時間
    【開館時間】10:00〜16:30(入館は16:00まで) 【開苑時間】9:30〜17:00 【休館・休苑日】月曜日(但し祝日・振替休日は除く)、年末年始、その他臨時休館あり
  • 駐車場
    専用駐車場無し/根岸森林公園駐車場をご利用ください
検索