mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2019.11.05

フォトジャーナリスト・安田菜津紀の作品約20点を展示

 

◎ヤズディ教徒の少女たちが見せた笑顔と表裏一体のきびしい避難生活 ―イラク
◎生まれたときからHIVを抱え、偏見をうけるアフリカの少年が語る夢 ―ウガンダ
◎震災を経験し、守られる側から、守る側へ成長した陸前高田の子ども ―岩手県

フォトジャーナリスト安田菜津紀は、国内外で取材を続けるーー彼女は、出会った人々の気持ちの底にある「声」をひろいあげようと努め、その活動は近年、幅広い世代から注目をあびています。本展では、その仕事のなかでも彼女が大切にしてきた子どもたちをとらえた写真から約20点を紹介します。

 

《PROFILE》
安田菜津紀(やすだなつき)
1987年神奈川県生まれ。Dialogue for People所属フォトジャーナリスト。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。著書に『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)、他。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。

 

 

安田菜津紀 写真展「世界の子どもたちと出会って」
[日時]10月12日(土)〜11月24日(日)10:00〜17:00(入場は16:30まで)
[会場]神奈川県立地球市民かながわプラザ あーすぷらざ 3F企画展示室
[休館日]月曜日
[料金]無料
[主催]神奈川県立地球市民かながわプラザ(指定管理者:公益社団法人青年海外協力協会)
[問合せ]045-896-2121(あーすぷらざ)
[MAIL]gakushu@earthplaza.jp

 

 

SPOT INFO

あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)

あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)は「こどもの豊かな感性の育成」、「地球市民意識の醸成」、「国際活動の支援」という3つの目的を持つ施設。

国際理解や平和、環境など世界とのつながりをテーマにした大きな企画展や、映画上映、ワークショップ、校外学習、外国人のための教育・法律相談なども行っています。

5F常設展示室は世界の国々の生活道具、 衣装、楽器などを展示した「こどもの国際理解展示室」、戦争、紛争、難民問題に関する資料を展示した「国際平和展示室」、
こどもたちが五感をつかって遊べる「こどもファンタジー展示室」で構成。2Fには、国際理解、国際協力活動などに関する図書、ビデオがそろった映像ライブラリーや情報フォーラムもあります。

  • ショップ・スポット名
    あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)
  • 住所
    神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1
  • 電話
    045-896-2121
  • 営業時間
    【有料施設】(観覧施設)9:00〜17:00、(貸出施設)9:00〜22:00 【無料施設】(ラウンジ)9:00〜20:00、(情報フォーラム)9:00〜20:00※土・日・祝は17:00まで、(映像ライブラリー)9:00〜17:00 【その他】(レストラン)11:00〜18:30※月曜は17:00まで、(カフェ)11:30〜16:30、(プラザショップ)10:00〜17:00 【休館日】(常設展示室・情報フォーラム・映像ライブラリー、プラザショップ)月曜日、(レストラン)月1回月曜日、(カフェ)日・月曜日、(全施設)年末年始
  • 駐車場
    6:30〜24:00 (普通車)90台、(大型車)10台
検索