mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2019.10.03

華やかなマーチングステージ!心踊るファンファーレやマーチの響き!

 

(TOP画像)英国近衛軍楽隊

 

9月15日(日)に開幕した、横浜の「街」そのものを舞台とした日本最大級の音楽フェスティバル「横浜音祭り2019」〈会期:9/15(日)〜11/15(金)〉。10月14日(月・祝)には、神奈川県立音楽堂ホールにてイギリスのバッキンガム宮殿を守る英国近衛軍楽隊が出演しコンサートを開催します。同日のお昼には横浜元町ショッピングストリートにてパレードも実施♫

ミリタリー・バンド(軍楽隊)というと堅苦しい音楽のように思われがちですが、イギリス国民にとってはごく身近で心和ます音楽グループです。休日の公園の奏楽堂では多くの市民がクラシック、ミュージカル、ポップスなどで居心地のよい一時を過ごします。来日するグレナディアガーズは創設以来今年で334年間、国王警護の任務を務めてきました。全部で5隊ある歩兵連隊のうち最古の歴史を持つのがこの第一連隊であり、全連隊でパレードする時は常に先頭を行進します。イギリス国民は儀式を好み、衛兵交代式、女王誕生日祝賀、戦没者追悼記念式などどれも軍楽隊は欠かせません。長い歴史と栄光に包まれた軍服を身につけた誇り高き軍楽隊の煌びやかなステージをご堪能ください。東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を控え、『1964東京オリンピック・ファンファーレとマーチ』や『ロサンゼルスオリンピック・ファンファーレ』の演奏や『横浜音祭りファンファーレ』、イギリスの第2国歌『威風堂々』等、横浜ならではの華やかなプログラムを予定しており、さらには情緒溢れるスコットランド近衛連隊バグパイプ軍楽隊の共演もお楽しみください。

 

3年に一度の音楽の祭典《横浜音祭り2019》とは?
3年に一度、横浜で開催される、日本最大級の音楽フェスティバル。国内外で活躍するトップアーティストによる新作公演、子供たちがプロのミュージシャンに学ぶワークショップ、週末ごとに街なかで様々な音楽が楽しめる参加型ステージなど、横浜がオールジャンルの音楽で溢れる62日間。
[会期]9月15日(日)〜11月15(金)
[会場]横浜市内全域

 

横浜音祭り2019
「日英交流年 UK in Japan 2019-20」参加企画
英国女王陛下の近衛軍楽隊コンサート
[日時]10月14日(月・祝)18:00〜(17:30開場)
[会場]神奈川県立音楽堂 ホール
[出演]英国近衛軍楽隊グレナディアガーズバンド、スコットランド近衛連隊バグパイプ軍楽隊
[曲目]1964東京オリンピックファンファーレとマーチ、ロサンゼルスオリンピックファンファーレ、威風堂々、ほか
[料金](全席指定)S席¥5,000、A席¥4,000
※学生(25歳以下)・障がい者手帳をお持ちの方は各席種10%割引。
[チケット販売]横浜音祭りチケットセンター(神奈川芸術協会内) TEL.045-453-5080
[主催]横浜アーツフェスティバル実行委員会
[問合せ]045-323-9351(街に広がる音プロジェクト事務局〈認定NPO法人アークシップ内〉)

 

 

SPOT INFO

神奈川県立音楽堂

神奈川県立音楽堂は、1954年、公立施設としては日本で初めての本格的な音楽専用ホールとして開館しました。ロンドンのロイヤルフェスティバルホールをモデルに、最高の音響効果をあげるように設計されたホールは、開館当時『東洋一の響き』と絶賛され、その響きは今も国内はもちろん海外からも高い評価を受けています。ホールの壁面はすべて「木」で作られており、そのアコースティックな響きは開館から60年を経た今でも人々に感動をあたえつづけています。また、地域に根ざした優れた公共施設として1998年に建設省より「公共建築百選」に選ばれ、加えて1999年には20世紀の重要な文化遺産である建築としてDOCOMOMO(ドコモモ)(近代運動にかかわる建物・環境形成の記録調査および保存のために設立された国際的組織)より「日本におけるモダン・ムーブメントの建築20選」に選ばれました。

  • ショップ・スポット名
    神奈川県立音楽堂
  • 住所
    神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘9-2
  • 電話
    045-263-2567
  • 営業時間
    公演内容により異なります。 [受付時間]9:00〜17:00 (チケット窓口13:00〜17:00) [休館日]原則として毎週月曜日 および年末年始(12/28〜1/4)
検索