mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Art&Culture
2019.09.20

gallery併設のcafe&Bar「tenjishitsu:Tür aus Holz(トゥアーアウスホルツ) 山元町」

 

アートな空間に潜入!
YOKOHAMA ART SPOT FILE

 

懐かしの場所へようこそ!
tenjishitsu:Tür aus Holz(トゥアーアウスホルツ) 山元町

 

元々写真館だった建物をもとの造りを活かしながらcafé・Barとして営業している「tenjishitsu:Tür aus Holz(テンジシツ トゥアーアウスホルツ)山元町」。

店名の「Tür aus Holz(トゥアーアウスホルツ)」はドイツ語で「木の扉」という意味だそう。
お店は、笑顔のステキな、オーナー夫妻が経営されています。

併設のギャラリーでは、不定期で展示や企画も開催!

 

お店外観

〈アクセス〉JR根岸線石川町駅南口より徒歩20分/JR山手駅より徒歩25分

 

JR石川町駅南口より山手方面へ、麦田町交差点の坂を「柏葉入口」交差点を目指してまっすぐ上がります。
坂はちょっとキツめかもしれないですが・・・いい運動になるかも(笑)

坂を上りきったところにある、昭和レトロなたたずまいのお店。

お店を中心として、右側は「港の見える丘公園」方面、左側は根岸方面。

 

お店入口

ペット同伴もOK!

 

店内

店内のディスプレイや使用しているお皿は、オーナーが集めたアンティークや作家さんのもの。

お店にあるすべてのものが、オーナーがこだわりを持って、国内外から集めたものばかり。
貴重なアンティークやお皿が、さらっと自然と置かれているので、その歴史を聞くとビックリすることも!
そんな貴重なものに囲まれて時間を過ごせるなんてステキ♪
お店に入った瞬間から、特別な時間を過ごしている気持ちになりますよ!

お店はガラス張りのため、店内にいると、中を覗き込みながら歩いている人も多く、それだけ人の目を惹くお店なんだなーと実感。

 

ディスプレイされているフェイクの卵は、その昔、鶏さんが卵を産みすぎないようにする役割もあったそう。
今では、すっかり店内の雰囲気に溶け込んでますね。

 

夜にはムーディーな雰囲気に♡

 

店内は禁煙。お店右横にあるスペースでは、喫煙可。

中には、オーナーこだわりのスワッグ(ドライフラワーをオシャレに束ねたもの)、壁にはアート関連のポスターやチラシなどが所狭しと貼ってあります。

 

2Fの併設galleryに行ってみましょう!

「田舎のおばあちゃん家を思い出す」ような階段を上り2Fへ

 

懐かしの空間にタイムスリップしたかのような感覚に

取材時は企画展「The landscape with no name 名前のない風景」が開催
(現在は終了)

 


ここにあるすべてのアンティークを、そのバックグラウンドを思いつつ、ひとつひとつゆっくりと見る時間がとっても楽しくて、癒されて。
この空間に流れるゆーったりとした時間に身を任せ・・・

自分が、アンティークやドライフラワーなどが好きなこともあり、しばし時が過ぎるのを忘れてしまうほど(笑)
気づいたら、どっぷりとアンティークの世界に浸っていました・・・

1Fへ戻り、お食事を注文!

お食事メニューでは旬のものを取り入れた、オーナー直々に買い付けに行く、地元神奈川県産(主に小田原・伊勢原)の新鮮野菜を使用。

その他、自家製ドリンク(アルコール・ノンアルコール)やジェラートも。
どのメニューも素材をはじめ、見た目も味もとってもオシャレでおいしいものばかり!!

※メニューは、時期により変更の可能性あり。
詳しくはオーナーへ聞いてみてくださいね♪

注文したメニューはこちら!

(左)小田原産ブルーベリーサワー
(右)つるむらさき・おかひじき・ゴーヤのおひたし
(メニューは取材時のもの。現在のメニューについては、オーナーにお伺いください)

 

ズッキーニと茄子のラタトゥイユ クミン風味ライス付き
(メニューは取材時のもの。現在のメニューについては、オーナーにお伺いください)

 

三浦のかぼちゃのジェラート
(メニューは取材時のもの。現在のメニューについては、オーナーにお伺いください)

アンティークの中でお食事を楽しんでいると、どんどんお客さまが!
地元の方だったり、会社帰りにふらりと立ち寄ったり、お店を目指してくる初めてくるお客さんだったり。
和気あいあいとした、笑顔の絶えない雰囲気の中に、いつのまにか自分も輪に入ってました(笑)


楽しいひととき♪
リピーターになる人が多いみたいですよ!

多彩な才能をお持ちのオーナーご夫妻の話題は尽きることなく、どんどん引き込まれていきます。

外から見ると、ポッとついたぬくもりのある灯かりがノスタルジック。

初めましてのお客さま同士でも、いつのまにか自然と、楽しく話せるようになる、あたたかくてぬくもりがあって、一度行くとハマってしまうお店「tenjishitsu:Tür aus Holz(テンジシツ トゥアーアウスホルツ)山元町」。

仲良しオーナー夫婦の笑顔に会いに、ぜひお店へ♪

 

SPOT INFO

tenjishitsu:Tür aus Holz(トゥアーアウスホルツ) 山元町

 

元々写真館だった建物を、もとの造りを活かしながらcafe&Barとして営業しています。

ディスプレイやお皿はアンティークや作家さんのものを使用し、あたたかい雰囲気のなか、ゆっくりとお過ごしいただけます。

お食事は地元神奈川県産の野菜を使用し、お野菜中心の料理やドリンク、自家製ジェラートをご提供しています。

1Fは、カウンターとテーブル席、 2Fは6席ほどございます。

ギャラリーも併設しており、不定期で展示や企画もおこなっています。

店内は禁煙ですが、喫煙は角打ちスペースにあり、昔ながらの雰囲気をお楽しみいただけます。

また、ペット同伴もOKですので、お散歩の途中の休憩スポットとしてもご利用していただけます。

〈アクセス〉
JR根岸線石川町駅南口より徒歩20分/JR山手駅より徒歩25分

  • ショップ・スポット名
    tenjishitsu:Tür aus Holz(トゥアーアウスホルツ) 山元町
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山元町1-7
  • 営業時間
    【営業日】(火)20:30~23:00/(水・木・金・土)16:00~23:00【定休日】日曜日・月曜日 ※不定休ございますので、HPやSNSで営業時間をご確認ください。
  • 駐車場
    近隣のコインパーキングをご利用ください。
  • 喫煙
    店内禁煙・喫煙は角打ちスペースでのみ
  • 総座数
    1F:カウンターとテーブル席/2F:6席
  • ペット
    1Fの石畳と角打ちのみ
検索