mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2019.09.09

月に1度、「人間国宝」山本東次郎の芸を余すところなく堪能できる

 

(TOP画像)狂言「麻生」(大蔵流)山本東次郎 撮影:神田佳明

 

4月から1年間、毎月大蔵流狂言方の「人間国宝」山本東次郎が東次郎家に伝わる芸の中から十二番を選び、自らが演じます。「翁」の三番三に始まり、能「船弁慶」の間狂言、そして通常の公演では上演頻度の少ない稀曲・秘曲も織り交ぜながら、狂言の奥深い魅力とともに、山本東次郎の芸を余すところなくお見せいたします。第10回は、狂言「麻生(あそう)」と「庵梅(いおりのうめ)」の2曲。

「麻生」……都での訴訟事が無事に叶い、晴れて近々、故郷の信濃に帰る麻生の何某。召使いの頭六は正月の出仕のため、烏帽子髪を結い、下六は注文した新しい烏帽子を取りに行く。迎春の風景のなか、舞台上で髪を結い上げる、めでたさにあふれた脇狂言。

「庵梅」……梅香る庵に独り住む老尼・お寮のもとを訪れた若い女たちは和歌の師にそれぞれが詠んだ歌をみてもらう。喜ぶお寮に酒をすすめ、ともに謡い舞う楽しいひととき。「狂言三老曲」の一つ。

 

 

横浜能楽堂企画公演
「東次郎 家伝十二番」第10回
[日時]2020年1月13日(月・祝)14:00〜15:45(開場13:00)
[会場]横浜能楽堂
[内容]狂言「麻生」(大蔵流)山本東次郎、狂言「庵梅」(大蔵流)山本泰太郎
[料金](全席指定)¥4,000、A席¥3,000、B席¥2,500
[チケット販売]横浜能楽堂 TEL.045-263-3055/WEBでのご予約はこちらから!!
[主催]横浜能楽堂
[問合せ]045-263-3055(横浜能楽堂)

 

 

SPOT INFO

横浜能楽堂

高い企画・制作力によって知られる、日本の古典芸能のアーツセンター。
能を始めとする日本の古典芸能の上演だけに止まらず、
海外とのコラボレーションにより新たな作品も生み出しています。

  • ショップ・スポット名
    横浜能楽堂
  • 住所
    神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘 27-2
  • 電話
    045-263-3055
検索