mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2019.09.09

日本の伝統芸能をもっと身近に。 人間国宝自らが狂言の魅力を伝えます

 

(TOP画像)狂言「米市」(大蔵流)山本東次郎 撮影:神田佳明

 

4月から1年間、毎月大蔵流狂言方の「人間国宝」山本東次郎が東次郎家に伝わる芸の中から十二番を選び、自らが演じます。「翁」の三番三に始まり、能「船弁慶」の間狂言、そして通常の公演では上演頻度の少ない稀曲・秘曲も織り交ぜながら、狂言の奥深い魅力とともに、山本東次郎の芸を余すところなくお見せいたします。第9回は、狂言「木六駄(きろくだ)」と「米市(よねいち)」の2曲。

「木六駄」……主から山向こうに住む伯父への使いを命じられた太郎冠者は、たった一人、六頭の牛に三十本の木材を載せて吹雪の山道を越えて行く。峠の茶屋で身体を温めようと立ち寄るが、あいにく酒が切れていた。茶屋の主人は太郎冠者が背負った酒樽に目を留めて・・・。

「米市」……有徳人(金持ち)の好意に甘え、今年も年越しの米と衣類をもらいに来た男。背負った米俵に小袖を掛けてもらい、「俵の藤太殿の娘の米市御寮人」と言い繕うことにするが、案の定、その姿を見とがめた若者たちにつかまってしまう。

 

 

横浜能楽堂企画公演
「東次郎 家伝十二番」第9回
[日時]12月14日(土)14:00〜15:45(開場13:00)
[会場]横浜能楽堂
[内容]狂言「木六駄」(大蔵流)山本凜太郎、狂言「米市」(大蔵流)山本東次郎
[料金](全席指定)¥4,000、A席¥3,000、B席¥2,500
[チケット販売]横浜能楽堂 TEL.045-263-3055/WEBでのご予約はこちらから!!
[主催]横浜能楽堂
[問合せ]045-263-3055(横浜能楽堂)

 

 

SPOT INFO

横浜能楽堂

高い企画・制作力によって知られる、日本の古典芸能のアーツセンター。
能を始めとする日本の古典芸能の上演だけに止まらず、
海外とのコラボレーションにより新たな作品も生み出しています。

  • ショップ・スポット名
    横浜能楽堂
  • 住所
    神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘 27-2
  • 電話
    045-263-3055
検索