mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2019.08.28

神奈川フィル定期演奏会、音楽堂シリーズ第14回は「モーツァルトの管弦楽」

 

モーツァルトが残した作品の中でも、管楽器のために書かれた協奏曲は古今を通じて不滅の輝きを持っています。指揮、演奏といずれも超一流の管楽器の名手による協奏曲とR.シュトラウスが模範としたモーツァルトの作品を中心としたプログラムを行います。

 

 

神奈川フィルハーモニー管弦楽団 定期演奏会
音楽堂シリーズ 第14回
モーツァルト+(+
[日時]10月26日(土)15:00〜(14:20開場)
[会場]神奈川県立音楽堂
[出演]チャールズ・ナイディック(指揮・クラリネット)、神奈川フィルハーモニー管弦楽団(管弦楽)
[曲目]R.シュトラウス:13管楽器のためのセレナード変ホ長調 Op.7、モーツァルト:クラリネット協奏曲イ長調 K.622、モーツァルト:セレナード第10番変ロ長調 K.361「グラン・パルティータ」
[料金]S席¥4,000、A席¥2,500、B席¥1,000、シニア(70歳以上)各席種10%引き、25歳以下(当日)¥1,000
[チケット販売]
神奈川フィル・チケットサービス TEL.045-226-5107(平日10:00〜18:00)
[主催]公益財団法人神奈川フィルハーモニー管弦楽団
[問合せ]045-226-5107(神奈川フィル・チケットサービス/平日10:00〜18:00)
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※音楽堂シリーズではJR桜木町駅から音楽堂まで「かなフィルバス」を運行しています。ご乗車希望のお客様は、神奈川フィル・チケットサービスまでご予約ください。運行は14:00/14:10/14:25/14:40の4回です。(乗車無料・要予約)

 

 

SPOT INFO

神奈川県立音楽堂

神奈川県立音楽堂は、1954年、公立施設としては日本で初めての本格的な音楽専用ホールとして開館しました。ロンドンのロイヤルフェスティバルホールをモデルに、最高の音響効果をあげるように設計されたホールは、開館当時『東洋一の響き』と絶賛され、その響きは今も国内はもちろん海外からも高い評価を受けています。ホールの壁面はすべて「木」で作られており、そのアコースティックな響きは開館から60年を経た今でも人々に感動をあたえつづけています。また、地域に根ざした優れた公共施設として1998年に建設省より「公共建築百選」に選ばれ、加えて1999年には20世紀の重要な文化遺産である建築としてDOCOMOMO(ドコモモ)(近代運動にかかわる建物・環境形成の記録調査および保存のために設立された国際的組織)より「日本におけるモダン・ムーブメントの建築20選」に選ばれました。

  • ショップ・スポット名
    神奈川県立音楽堂
  • 住所
    神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘9-2
  • 電話
    045-263-2567
  • 営業時間
    公演内容により異なります。 [受付時間]9:00〜17:00 (チケット窓口13:00〜17:00) [休館日]原則として毎週月曜日 および年末年始(12/28〜1/4)
検索