mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2019.07.07

絵本作家 せなけいこ の初めての大規模な原画展

(TOP画像)せなけいこ作・絵『おばけのてんぷら』(1976年、ポプラ社刊)原画

 

横須賀美術館では、7月6日(土)より、おばけが登場する先駆的な絵本『ねないこだれだ』の作者として知られる、絵本作家 せなけいこ の初めての大規模な原画展を開催します。

『ねないこだれだ』や『いやだいやだ』の作者として知られるせなけいこ(1931~)は、1969年、子育てに奔走する中、37歳で絵本作家としてデビューしました。
以来、おばけや妖怪、うさぎなどをモチーフに、貼り絵の手法を用いて生み出したシンプルながらも独創的な絵本は、世代を越え、多くの親子に読み継がれるロングセラーとなっています。

本展では、代表作のひとつ『ねないこだれだ』の誕生50周年を記念し、絵本デビュー作の「いやだいやだの絵本」4冊シリーズをはじめとする絵本原画や貴重な資料など約300点を出品。これまであまり知られていなかった、絵本作家デビュー前の幻燈や紙芝居の仕事も紹介し、作家せなけいこの創作の全貌をひもときます。

会場には、絵本コーナーや楽しい仕掛けもご用意し、小さなお子さんも楽しんでいただける展覧会です。

 

 

せなけいこ作・絵『いやだいやだ』(1969年、福音館書店刊)原画

 

 

せなけいこ作・絵『ねないこだれだ』(1969年、福音館書店刊)原画

 

せなけいこ作・絵『めがねうさぎ』(1975年、ポプラ社刊)原画

 

『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展
[会期]7月6日(土)~9月1日(日) 10:00~18:00 ※休館日8月5日(月)
[場所]横須賀美術館
[観覧料]一般¥1000(800)、高大・65歳以上¥800(640)、中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*高校生(市内在住・または在学に限る)は無料
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料
[主催]横須賀美術館、朝日新聞社
[後援]一般社団法人日本国際児童図書評議会、絵本学会
[TEL]046-845-1211(横須賀美術館)

横須賀美術館公式HPはこちら

SPOT INFO

横須賀美術館

三浦半島の東端、風光明媚な観音崎の地に建てられた美術館。年間6回の企画展の他、所蔵品展では日本の近現代美術作品を、別館の谷内六郎館では日本の昭和を描いた作家・谷内六郎の作品を、展示替えしながら紹介している。自然豊かな環境と、ユニークな建築、東京湾を眼前に望み、絶景美術館にも選ばれた抜群の眺望が魅力。地元の食材を使ったイタリアンが楽しめるレストラン、ミュージアムショップなど併設施設も充実している。

〈アクセス〉京急線「馬堀海岸駅」より京急バス「観音崎行き」乗車、「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」下車徒歩2分

 

  • ショップ・スポット名
    横須賀美術館
  • 住所
    神奈川県横須賀市鴨居4-1
  • 営業時間
    【開館時間】10:00~18:00 【休館日】毎月第一月(ただし、祝日は開館)、12/29~1/3、他臨時休館
  • 駐車場
    120台(大型バス5台、二輪車7台) 展覧会ご観覧の方は1時間無料、障害者手帳をお持ちの方は減免(バス等大型車両を除く)
  • 平均利用額
    【入館料】所蔵品展 一般310円、高大生・65歳以上210円(企画展は展覧会により異なる) 中学生以下無料および高校生(市内在住在学に限る)は無料、また障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
  • ペット
    障害のあるお客様は、補助犬を伴うご入館が可能です。
  • URL
検索