mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

7月7日(日)、七夕の日に星とチェロとお話しを楽しむ!(13時の部)

 

金星音楽団のチェリストのゴーシュは、いつも指揮者の楽長から怒られてばかりいます…。毎晩、次の演奏会に向けてゴーシュが家で第六交響曲の練習に励んでいると…動物たちがやって来ては可笑しなお願いをするのです。里山を共有する動物と人間が越境し、出会うお話しは、宮沢賢治からの「すきとおった ほんとうのたべもの」の贈り物です。チェロとお話しのプログラムの前には、スクリーンに星空を投影し、次(15時〜の部)の演目の「銀河鉄道の夜」の星空と合わせて解説します。

 

 

ほしまつり チェロと朗読でつづる
宮沢賢治作「セロ弾きのゴーシュ」とプラネタリウム
[日時]7月7日(日)13:00〜(12:30開場)
[会場]横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール ホール
[出演]長谷部一郎(チェロ/東京都交響楽団)、伊原農(朗読/劇団ハイリンド)、岩上洋子(プラネタリウム解説/プチ☆ベガ)
[定員]300名
[料金](全席自由)¥500 ※入場順番付
[チケット販売]ご来館またはお電話にてご予約ください。
■かなっくホールチケットデスク TEL.045-440-1219(10:00〜21:00、休館日〈第3月曜日/祝日の場合は翌日〉を除く)
[主催]横浜市神奈川区民文化センターかなっくホール指定管理者
[TEL]045-440-1219(かなっくホールチケットデスク)
※5歳のお子様より入場可。
*かなっくホールの公式サイトはこちら!!

 

 

集い、ふれあい、つくりだすこころを
ここ、かなっくホールから。

JR東神奈川駅と京浜急行仲木戸駅をつなぐペデストリアンデッキは、かなっくホールのエントランスへとつながっています。ホールは可動式プロセニアムや音響反射板を備え、様々な表情をつくることができ、音楽、演劇など幅広いジャンルにご利用いただけます。2室のギャラリー、音楽ルーム、練習室と合わせ、文化の新たなシーンを生み出す場としてご活用ください。

  • ショップ・スポット名
    神奈川区民文化センター かなっくホール
  • 住所
    神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-10-1
  • 電話
    045-440-1211
  • 営業時間
    9:00〜22:00 ※ 毎月第3月曜日(祝日の場合は翌日)は保守点検日のため、かなっくホールのすべての施設をご利用いただけません。 また、年末年始(12月29日〜1月3日)は休館。

このスポットの記事

関連記事

  • 0歳のお子さまもOK!親子一緒に楽しめるクラシックコンサート

    開催期間:2019.07.27
  • 誰も見たことのない色鮮やかに彩られた横浜の夜景体験!!

    開催期間:2019.04.26〜2019.08.31
  • 神奈川県立近代美術館コレクション展で、日本の野外彫刻の歴史を知る

    開催期間:2019.04.06〜2019.06.23
  • “子供ばんど”うじきつよし、“憂歌団”内田勘太郎によるデュオユニット

    開催期間:2019.05.02