mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

縄文土器・土偶、京都の庭など岡本太郎がシャッターを切った写真作品を中心に

 

1951年11月、岡本太郎は東京国立博物館において縄文土器と出会い、その4次元的な造形力に衝撃を覚え翌年、美術雑誌『みづゑ』に「四次元との対話-縄文土器論」を発表します。これに端を発し、岡本はいわゆる「わび」「さび」とは異なる、他の東アジア地域からの文化的影響を受容する以前の、本来の日本の文化、日本人の美意識とは何かについて考察を深め、1956年、著書『日本の伝統』として結実させています。

同書のために岡本は本来の日本と考えた文化事象を、自らシャッターを切ってカメラに収めています。縄文土器・土偶、京都の古刹の中世の庭など。その写真は、岡本が撮影した写真のなかでも、記録性を超えた写真芸術の高みにまで到達しています。

本展は、『日本の伝統』をもとに、岡本による写真作品を中心として、「日本の伝統」とは何かを再考する機会となることを願って開催します。

 

 

企画展
岡本太郎と日本の伝統
[日時]4月27日(土)〜6月30日(日)9:30〜17:00(入館は16:30まで)
[会場]川崎市岡本太郎美術館
[休館日]月曜日(4月29日、5月6日を除く)、5月7日(火)・8日(水)
[料金]一般¥900、高・大学生・65歳以上¥700、中学生以下無料
[主催]川崎市岡本太郎美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
[TEL]044-900-9898(川崎市岡本太郎美術館)
*川崎市岡本太郎美術館の公式サイトはこちら!!

 

 

20世紀の日本を代表する芸術家、岡本太郎が逝去した3年後の1999年に開館した市立美術館。岡本太郎より川崎市に寄贈された作品1779点が所蔵・展示されています。企画展、常設展をはじめ、美術館ツアーやワークショップなどさまざまなイベントも行われています。

岡本太郎美術館のシンボルタワーといえば、高さ30mの「母の塔」。「大地に深く根ざした巨木のたくましさ」と「ゆたかでふくよかな母のやさしさ」、「天空に向かって燃えさかる永遠の生命」をイメージして制作された原型をもとに、岡本太郎の意図を忠実に再現して製作されました。

  • ショップ・スポット名
    川崎市岡本太郎美術館
  • 住所
    神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
  • 電話
    044-900-9898
  • 営業時間
    9:30〜17:00(入館は16:30まで) 【休館日】月曜日(月曜が祝日の場合は翌日 ※但し翌日が土日にあたる場合を除く)、年末年始、ほかに臨時休館あり
  • 駐車場
    無 ※お車をご利用の場合は、生田緑地駐車場(有料)をご利用ください。
  • 平均利用額
    【観覧料】期間、展覧会によって料金は異なります。詳しくは展覧会情報または美術館の公式サイトでご確認ください。
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 動物写真家・岩合光昭氏のトークショー&サイン会、開催!!

    開催期間:2019.05.06
  • 陶芸、染織、漆芸、金工、人形などさまざまな作品を展覧!

    開催期間:2019.05.01〜2019.05.07
  • 船を愛したイラストレーター、柳原良平の世界が広がる!

  • 朝ドラで話題!安藤仁子の生い立ちを初公開!!

    開催期間:2018.09.26〜2019.08.31