mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

4人の現役作家作品とコレクション作品との“未知との遭遇”!?

(TOP画像)田中敦子《作品 67E》1967年 横浜美術館蔵 ©Kanayama Akira and Tanaka Atsuko Association

 

横浜美術館のコレクションの中から300点を超える作品を、全展示室を使って一挙公開。束芋、淺井裕介、今津景、菅木志雄をゲスト・アーティストとして招き、コレクションと並べることで作品同士の出会い(Meet)の場を創出する。

 


ルネ・マグリット《王様の美術館》1966年 横浜美術館蔵

 


鏑木清方《春宵怨》1951年 横浜美術館蔵

 

横浜美術館開館30周年記念
Meet the Collection —アートと人と、美術館
[日時]4月13日(土)〜6月23日(日)10:00〜18:00 ※毎週金曜・土曜は20:00まで(入館は閉館30分前まで)
[会場]横浜美術館
[休館日]木曜日(但し、5月2日は開館)、5月7日(火)
[料金]一般¥1,100、大学・高校生¥700、中学生¥500、小学生以下無料、65歳以上¥1,000(要証明書、美術館券売所でのみ対応)、障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)無料、6月2日(日)は無料
[TEL]045-221-0300(横浜美術館)
*横浜美術館の公式サイトはこちら!!

 

 

横浜美術館は、1989年11月3日に開館しました。
迫力のあるシンメトリーな外観と、吹き抜けの開放的なグランドギャラリーが特徴の当館は、7つの展示室のほか、11万冊を超える蔵書がある美術情報センター、多彩なワークショップを行うアトリエなども揃う、国内でも有数の規模を誇る美術館です。 国際的な港町、横浜にふさわしい美術館として、開港以降の近・現代美術を幅広く鑑賞していただけるほか、年間を通じて、約1万2千点の所蔵品からテーマごとに展示を行うコレクション展、多彩な企画展を開催しています。

  • ショップ・スポット名
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
  • 電話
    045-221-0300
  • 営業時間
    10:00〜18:00(入館は17:30まで) 木曜および年末年始は閉館
  • URL

このスポットの記事

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 狂言は野村万作、能は豊嶋彌左衛門…能楽界を代表する二人が舞う

    開催期間:2019.06.29
  • ジョン・スミスと探る演劇、スタジオHIKARIで新作を上演!!

    開催期間:2019.05.23〜2019.05.26
  • 詩人・谷川俊太郎が音楽に合わせ朗読、ピーター・バラカンとの初対談も

    開催期間:2019.06.01
  • フランス有数のアートコレクターが誇る貴重なビデオアート・コレクションを紹介

    開催期間:2019.06.13〜2019.06.23