mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

アイルランドを代表するアーティスト、リチャード・ゴーマンの世界へ

(TOP画像)リチャード・ゴーマン《スタック・スクエア》 2018年 油彩・麻 150×150cm

 

ダブリン、ミラノ、日本と世界中に制作拠点を持つアイルランドを代表するアーティスト、リチャード・ゴーマンの展覧会を開催します。

1946年ダブリンに生まれたゴーマンは名門トリニティ・カレッジで経営学を学び、自動車業界に就職しましたが、少年の頃からの夢を捨て切れず、31歳にして美術学校に入学、画家としての第一歩を踏み出しました。日本との関わりは古く、90年代に福井県の岩野平三郎製紙所で作られる越前和紙に出会ってからは、重要な素材としてその後の作品に活用してきました。和紙による繊細な作品は、キャンヴァスを用いた油彩画の堅固なフォルムと好対照を成しています。

ゴーマンの作品の特徴は、絶妙な色彩で色分けされた幾何学形体の組み合わせにあります。有機的で遊び心を感じさせるそれらの作品を、アイルランドの映画監督、ニール・ジョーダンは“Emotional Geometry”(感情的な幾何学形)と評しています。

谷崎潤一郎の文学から湘南の地に憧れを抱いていたゴーマンが、茅ヶ崎市美術館を訪れたのは2015年。以来同館での展示を前提に作品を制作してきました。アイルランドで育まれた美意識と湘南・茅ヶ崎の風土の融合を試みることが本展覧会の目的のひとつです。私たち鑑賞者は約20点の「感情的な幾何学形」を通して、自分自身に眠る、忘れていた感情を思い出すことが出来るかもしれません。

 

PROFILE
リチャード・ゴーマン

リチャード・ゴーマンは1980年代中頃から多くの場所で定期的に個展を開催しており、ダブリンのカーリン・ギャラリーを中心にロンドン、ミラノ、東京でも開催している。近年の個展としては、キルデアのキャッスルタウン・ハウス、ダブリンのカーリン・ギャラリー(2016)、ミラノのアッサブ・ワン(2015)、ベルファストのザ・マック(2014)、ダブリンのカーリン・ギャラリー(2012)、三鷹市美術ギャラリー、足利市立美術館(2010)、CCGA現代グラフィックアートセンター、郡山市立美術館(2003)、ダブリンのロイヤル・ハイバーニアン・アカデミー、コークのクローフォード・アート・ギャラリー(2001)、伊丹市立美術館、財団法人三鷹市芸術文化振興財団(1999)。2014年、ゴーマンはエルメス、カレ・スカーフのデザインに最初のアイルランド人アーティストとして採用され、2015年、新宿伊勢丹ではエルメスのショーウィンドーデザインも担当した。

 


リチャード・ゴーマン《ラスト・スピン》 2018年 油彩・麻 150×150cm

 


リチャード・ゴーマン《ブルー・スピン》 2018年 油彩・麻  150×150cm

 


リチャード・ゴーマン《ブラック・ブラック・セブン》 2018年 油彩・麻 150×115cm

 

リチャード・ゴーマン展 KEIJO 形情
[日時]4月6日(土)〜6月2日(日)10:00〜18:00(入館は17:30まで)
[会場]茅ヶ崎市美術館 展示室1・2・3
[休館日]月曜日(ただし、4月29日・5月6日は開館)、5月7日(火)
[料金]一般¥700、大学生¥500、高校生以下・市内在住65歳以上の方・市内在住の障害者およびその介護者は無料
[主催]公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
[特別協力]カルチャー・アイルランド(アイルランド文化庁)
[後援]駐日アイルランド大使館
[TEL]0467-88-1177(公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団)
*茅ヶ崎市美術館の公式サイトはこちら!!

 

関連イベントはこちら!!
■講演会
「リチャード・ゴーマンを語る」
過去2回のリチャード・ゴーマン展を開催した三鷹市美術ギャラリーの浅倉氏がゴーマンの人と作品を語ります。
[日時]4月21日(日)13:30~15:00
[会場]茅ヶ崎市美術館 エントランスホール
[講師]浅倉祐一朗(三鷹市美術ギャラリー副館長)
[席数]約50席(事前申込不要)
[料金]無料

■ミニコンサート
「アイリッシュミュージック」
新感覚のアイリッシュミュージックデュオに太鼓奏者トシバウロンが加わり、新しくて懐かしいアイルランド音楽を演奏。
[日時]4月28日(日)14:00~15:00
[会場]茅ヶ崎市美術館 エントランスホール
[出演]Mikie O’Shea & 高橋創 with トシバウロン
[席数]約50席(事前申込不要)
[料金]無料

■ワークショップ
「紙漉き体験&ポストカード作り」
落葉や色紙を用いた紙漉き体験。オリジナルポストカードを作ります。
[日時]5月5日(日・祝)14:00~16:00
[会場]茅ヶ崎市美術館 2階アトリエ
[講師]市川曜子(画家)
[定員]16名
[料金]¥500

■0歳からの家族鑑賞会
「OH BOY & GIRL みるっこ家族鑑賞会」
[日時]①5月16日(木)10:30~11:30、②5月18日(土)10:30~11:30
[会場]茅ヶ崎市美術館 展示室、2階アトリエ
[講師]冨田めぐみ(NPO法人赤ちゃんからのアートフレンドシップ協会)
[対象]①0歳から3歳児とその保護者、②4歳から小学生とその保護者
[定員]各回30名(申込制/先着順)
[料金]無料(保護者は観覧券が必要です)

■「ギャラリートーク」
[日時]4月27日(土)、5月12日(日)、6月2日(日)各日14:00~15:00
[会場]茅ヶ崎市美術館 展示室
[料金]無料(要観覧券/事前申込不要)

 

 

温暖な気候に恵まれた茅ヶ崎は、多くの芸術家や文化人に別荘地や保養地として愛されてきました。彼らは、この恵まれた環境の中で精力的に活動し、優れた作品を多く残しています。茅ヶ崎市美術館は、これら郷土ゆかりの美術家や作品を展覧会などで広く紹介するほか、市民の創作活動を応援する施設として1998年4月に開館しました。美術館が建つ高砂緑地公園は、かつてはオッペケペー節で知られる明治時代の新派俳優、川上音二郎・貞奴夫妻の居宅や実業家・原安三郎の別荘でしたが、今も往時の景観を良く残しています。四季を通して緑豊かな園内には本格的な日本庭園もあり、市内有数の観梅の名所として市民の憩いの場となっています。

  • ショップ・スポット名
    茅ヶ崎市美術館
  • 住所
    神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45
  • 電話
    0467-88-1177
  • 営業時間
    (夏期:4〜10月)10:00〜18:00、(冬期:11〜3月)10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで。 【休館日】月曜日(祝日の場合は翌日、翌々日が休館)、祝日の翌日(翌日が休日の場合はそれ以降の最初の平日)、年末年始(12/28〜1/3)、臨時休館日(保守点検や展示替え等をおこなう日)
  • 駐車場
    高砂通りに面した場所に美術館専用の駐車場があります(無料)。収容台数(10台、大型車不可)が少ないため、公共の交通機関をご利用ください。満車の場合は近隣の有料駐車場をご利用ください。 大型車(長さ6m以上)はJR茅ヶ崎駅北側の市営駐車場をご利用ください。また、自転車やバイクでお越しの場合は美術館駐車場内の駐輪スペースをご利用ください。
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 「かわいい」をキーワードに馬にまつわる様々な資料や作品をご紹介

    開催期間:2019.02.16〜2019.05.12
  • 子どもの日、無料のアート・ワークショップでものづくり体験!

    開催期間:2019.05.05
  • 開館5周年記念展 美のスターたち

    開催期間:2018.09.30〜2019.03.30
  • アイルランドを代表するアーティスト、リチャード・ゴーマンの世界へ

    開催期間:2019.04.06〜2019.06.02