mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

「映画が世界を結ぶ」を実践した川喜多夫妻の足跡を辿る展覧会

 

海外旅行がまだ珍しかった時代、自らヨーロッパへ赴き、自らの目で選んだ映画を日本に紹介した川喜多長政・かしこ夫妻。東洋と西洋の文化の架け橋になることを願い、「東和」と名付けた映画会社を育てた二人は、戦前から戦後にかけて『天井桟敷の人々』『第三の男』といった多くの名作を世に送るとともに、戦後は『羅生門』で国際的注目度が高まった日本映画の海外への紹介にその生涯を捧げました。本展では、かつて川喜多邸があった地に建つ当館で、「映画大使」として貢献した夫妻の長年にわたる足跡を、是非お楽しみください。

 


鎌倉を歩く川喜多夫妻

 


1975年 インド国際映画祭にて大島渚監督、インディラ・ガンジー氏と

 


川喜多邸母屋前にて

 

《見どころ》
★川喜多夫妻が輸入・配給したヨーロッパ映画の名作のポスター、世界の映画人から贈られた品々などの資料約120点を一挙展示します!(川端康成、開高健、八千草薫、黒柳徹子など文化人・映画人が当時寄せた珠玉の文章も紹介!)

★『未完成交響楽』『天井桟敷の人々』『第三の男』『巴里の空の下セーヌは流れる』『居酒屋』をはじめとするヨーロッパ映画往年の名作を上映する貴重な機会です!

★通常、年に2回の一般公開と特別公開でしか見学ができない旧川喜多邸別邸(旧和辻邸)を、会期中の金曜日・土曜日(各日13時から30分程度)、学芸員の解説付きでご見学いただけます!

 

 

企画展 映画大使川喜多長政・かしこ夫婦の軌跡
[日時]3月15日(金)〜7月7日(日)
[料金]一般¥200、小・中学生¥100
[TEL]0467-23-2500(鎌倉市川喜多映画記念館)
※映画鑑賞料金は別途。
*鎌倉市川喜多映画記念館の公式サイトはこちら!!

 

《上映作品》
『戦場のメリークリスマス』(1983年)、『KYOTO, MYMOTHER’S PLACE』(1991年)、『未完成交響楽』(1933年)、『恐怖の報酬』(1953年)、『蝶々夫人』(1955年)、『天井桟敷の人々』(1945年)、『第三の男』(1949年)、『禁じられた遊び』(1952年)、『巴里の空の下セーヌは流れる』(1951年)、『居酒屋』(1956年)、『赤と黒』(1954年)、『モンパルナスの灯』(1958年)
※詳しい上映スケジュールは鎌倉市川喜多映画記念館の公式サイトをご覧ください。
[料金]一般¥1,000、小・中学生¥500
※チケット提示で企画展もご覧いただけます。
※チケットが完売した場合はご入場いただけません。
[チケット販売]チケットは原則として前月第3土曜日より販売。
■鎌倉市川喜多映画記念館窓口 TEL.0467-23-2500
■たらば書房 TEL.0467-22-2492
■島森書店(鎌倉店) TEL.0467-22-0266
■上州屋(大船駅前) TEL.0467-43-1000

 

《関連イベント》
小山明子さんトークイベント
「川喜多夫妻との思い出〜夫・大島渚とともに〜」
+『KYOTO, MY MOTHER’S PLACE』上映
大島渚監督と小山明子さんご夫妻は、国際映画祭を通して川喜多夫妻とも親交が深く、1985年には大島監督に川喜多賞が贈賞されています。大島監督とともに歩まれた小山明子さんに川喜多夫妻との思い出をお話しいただきます。トーク後は大島渚監督作品を上映します。
[日時]4月6日(土)14:00〜
[料金]一般¥1,000、小・中学生¥500

ギャラリートーク&旧和辻邸見学ツアー
展示室と旧川喜多邸別邸(旧和辻哲郎邸)を学芸員の解説付きでご案内!
[日時]3月15日(金)〜7月6日(土)までの毎週金曜日・土曜日 各日13:00〜
[料金]無料(要入館料)
※展示室入口周辺にお集まりください。

 

 

鎌倉市川喜多映画記念館は、映画の発展に大きく貢献した川喜多長政・かしこ夫妻の旧宅跡に、鎌倉市における映画文化の発展を期して、2010年4月に開館しました。本記念館では、映画資料の展示、映画上映をはじめとし、映画関連資料の閲覧やWeb検索も行なっていただくことができます。また講座・講演会やワークショップなども年間を通じて開催いたします。

建物は平屋建ての和風建築で、数寄屋造りのイメージを表現し周囲の環境に調和しています。板塀もかつての面影をそのままに復元しており、展示室の明るく広い開口部からは緑豊かな庭園も眺められ、古都鎌倉の落ち着いた雰囲気をかもし出しています。

*******************************
連日賑わいを見せる小町通りから近いながらも、一本奥に入っただけとは思えない閑静な環境に位置し、古都鎌倉らしいゆったりとした時間をお過ごしいただけます。また、いまや鎌倉市から映画館の灯火は消えてしまいましたが、フィルム映写機の設備を備えた劇場では、古今東西の名作を定期的に上映しており、大きなスクリーンで映画をご堪能いただけます。

*******************************

《アクセス》
●JR鎌倉駅・江ノ電鎌倉駅 東口下車
●小町通りを八幡宮に向かい 徒歩8分

  • ショップ・スポット名
    鎌倉市川喜多映画記念館
  • 住所
    神奈川県鎌倉市雪ノ下2-2-12
  • 電話
    0467-23-2500
  • 営業時間
    9:00〜17:00(入館は16:30まで) 【休館日】毎週月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、翌平日を休館日とします)、年末年始、展示替期間など
  • クレジットカード
    不可
  • 駐車場
    無(駐車設備がありませんので、 公共交通機関をご利用ください。)※但し、障がい者用駐車スペース1台有。
  • 予約
    可(映画のチケットは、原則上映日前月の第3土曜日より、記念館窓口・島森書店・たらば書房・上州屋にて販売、但し電話予約は不可)
  • 平均利用額
    【観覧料】(通常展)一般¥200、小・中学生¥100、(特別展)一般¥300、小・中学生¥150 【映画鑑賞券】(通常上映)一般¥1,000、小・中学生¥500、(特別上映)一般¥1,500、小・中学生¥750 *その他、割引料金等について詳しくは記念館までお問い合わせください。
  • URL

関連記事

  • 「映画が世界を結ぶ」を実践した川喜多夫妻の足跡を辿る展覧会

    開催期間:2019.03.15〜2019.07.07