mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

動物写真家・岩合光昭がとらえた“ねこづくし”の写真展、開催!!

©︎ Mitsuaki Iwago

 

花の陰からふわりと現れたかと思えば、くるりと身を翻し視界から消える。小さく儚い存在でありながら、飄然(ひょうぜん)として逞しく生きる猫たちの何気ない一瞬をとらえた岩合光昭の写真は、多くの人々の心を惹きつけてきました。
本展では「島の猫」、「神奈川のネコ」、「やきものの里のネコ」シリーズを中心に、岩合が日本各地で出逢った猫たちの写真、200余点が会場を彩ります。「島の猫」シリーズの作品がまとめて公開されるのは本展が初めての機会となります。動物写真家として半世紀にわたり、ひたむきに猫に向かい続けた岩合の「ねこづくし」の世界をご堪能ください。

 


©︎Mitsuaki Iwago

 

岩合光昭(いわごう みつあき)プロフィール

©︎Iwago Photographic Office
動物写真家。1950年、東京都生まれ。20歳のときに、動物写真家の父・岩合徳光に同行したガラパゴス諸島にて、大自然に圧倒されたことが契機となり写真家を志す。1979年には『海からの手紙』で第5回木村伊兵衛写真賞を受賞。世界的グラフ雑誌『ナショナルジオグラフィック』の表紙を飾るなど、国外からも高い評価を得た。近年は、南アメリカの大湿原パンタナルの野生動物をモチーフに撮影を行っている。またこうした野生動物の写真だけでなく人々の暮らしの傍らで生きる猫の写真も人気が高く、2012年からNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」の放送が開始。2019年には初映画監督作品『ねことじいちゃん』が公開されるなど、活動の幅をさらに広げている。

*5月6日(月・振休)には岩合光昭トークショー&サイン会を予定! 詳細は決まり次第、公式サイトでお知らせいたします。

 

岩合光昭写真展 ねこづくし
[日時]4月23日(火)〜6月30日(日)9:30〜17:00(入場は閉館の30分前まで)
[会場]川崎市市民ミュージアム 企画展示室1、アートギャラリー1・2・3
[休館日]月曜日、5月7日(火)※ゴールデンウィーク期間(4月27日~5月6日)は休まず開館
[料金]一般¥800、学生・65歳以上¥600、中学生以下無料、障がい者手帳等をお持ちの方およびその介護者は無料
[主催]川崎市市民ミュージアム
[協力]岩合写真事務所
[企画協力]M&M Color
[TEL]044-754-4500(休館日を除く9:30〜17:00)
*詳細や最新情報は、川崎市市民ミュージアムの公式サイトにてご確認ください。

 

 

川崎市市民ミュージアムは、「都市と人間」という基本テーマを掲げて1988年11月に開館した博物館と美術館の複合文化施設です。常設・企画展や映像の定期上映を始めとして、講座やワークショップなど様々な事業を展開しています。さらに地域の皆様の文化活動に利用していただくために、ギャラリースペースや研修室など施設の貸出しを行っています。

  • ショップ・スポット名
    川崎市市民ミュージアム
  • 住所
    神奈川県川崎市中原区等々力1-2
  • 電話
    044-754-4500
  • 営業時間
    【開館時間】9:30〜17:00(入場は閉館の30分前まで) 【休館日】月曜日(休日の場合は開館)、祝日の翌日(土・日の場合は開館)、年末年始
  • URL

このスポットの記事

オススメ!掲載記事

関連記事

  • KAAT×地点の最新作はお待たせいたしました、満を持してのチェーホフ!

    開催期間:2019.05.27〜2019.07.16
  • 狂言は野村万作、能は豊嶋彌左衛門…能楽界を代表する二人が舞う

    開催期間:2019.06.29
  • 横浜に幻のごとく現れた「赤い部屋」が6月、ついに最終回を迎える!

    開催期間:2019.06.28〜2019.06.29
  • 「太陽の塔」「明日の神話」など岡本太郎芸術の多面的活動を代表作品で紹介!

    開催期間:2019.07.13〜2019.10.14