mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

おいしくてヘルシー。野菜たっぷりマフィン

マフィンは食事なのかお菓子なのか。お菓子だったら食べすぎに注意しなくちゃ…。そんな罪悪感に捉われることなく食べられるマフィンを見つけました。
たとえばこちらは「スナップえんどう&自家製レモンカードマフィン」。マフィンの概念をくつがえす、野菜感たっぷりな見た目に感動します。
AS muffinは、マフィン職人である妹さんと、サイト運営や販売を担当するお姉さんの二人三脚で運営しています。姉妹そろってマフィンが大好きなので、「お菓子を食べている」という罪悪感を軽減するために野菜中心のレシピを開発したとか。
そんな言い訳はさておいて、保土ヶ谷区や泉区の農園から仕入れる新鮮野菜を使ったオリジナリティあふれるマフィンは、どれも思わず笑顔になるおいしさ。仕入れが目に見えるので安心して食べられるし、野菜が苦手な子供も思わず手が出そうです。
こちらは「小松菜&ドライフィグマフィン」。繊維が強く水分の多い小松菜をスイーツに使うのは意外と難しく、苦労を重ねた一品だそうです。
そのほかにも、畑から届く旬の野菜を使って日々“研究開発”に取り組んでいるので、大根、ナスなどを使ったユニークなメニューが次々と登場。マフィンで旬を感じられるって、なんだか素敵だと思いませんか。サイズも小ぶりなので、いろんな味を楽しめるのもうれしいポイントです。
こちらは「ブロッコリー&チーズスコーン」。もちろん野菜たっぷりです。ギフトラッピングも対応してくれるので、ちょっとしたお礼やプレゼントにもぴったり。
そして春になると登場するのが、桜を使ったマフィン。昨年大ヒットした「さくら&スイートポテトマフィン」は、今年も登場する予定です。
普段はネット販売が中心ですが、桜の季節は大岡川沿いの工房前で直売を行うそうなので、お花見がてら出かけてみませんか。

野菜そのままの状態から加工する手づくりマフィンです。乾燥野菜や野菜パウダーを使わないため、生地に含まれる野菜の水分によって「しっとり&もっちり」美味しく焼き上がります。春はスナップえんどう、夏はトマトやナス、秋冬はさつま芋やほうれん草など、40種類以上あるマフィンレシピは、旬の野菜と相性の良い野菜(ナッツや果物)を合わせ、野菜嫌いの方で美味しく食べられるよう季節ごとに工夫を重ねています。

  • ショップ・スポット名
    野菜マフィン&スコーン AS muffin
  • 住所
  • 電話
    045-326-6207
  • 営業時間
    オンラインストアで常時購入可(除くメンテナンス時)
  • クレジットカード
    VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners
  • URL

関連記事

  • ピザにナポリタン…人気メニューを囲めばみんな笑顔に

  • 1貫からオーダーできるお寿司屋さん

  • ヨコハマのディープカルチャーストリート「日本大通り」へGO!

  • 思わず笑顔になるフォトジェニックな幸せパンケーキ