mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

南沢奈央、柾木玲弥、松岡広大の出演で描くジャン・コクトーの世界

(TOP画像/上段左から)南沢奈央、柾木玲弥、松岡広大、馬場ふみか
(TOP画像/下段左から)デシルバ安奈、斉藤悠、内田淳子、真那胡敬二

 

KAAT芸術監督・白井晃が手掛ける“近現代戯曲シリーズ”最新作。
『春のめざめ』再演に続き、
同じく思春期の‘生’と‘性’をテーマにした本作を連続上演!

 

KAAT神奈川芸術劇場芸術監督・白井晃が就任以来取り組んでいる、近現代戯曲を現代視点で蘇らせるシリーズ。2019年度は、2作品連続上演という新たな挑戦をいたします。まず4月~5月に、2017年にストレートプレイでの斬新な演出で話題となった『春のめざめ』を、新メンバーを加え、再演いたします。その直後、5月中旬より、同シリーズ最新作として上演するのが、本作『恐るべき子供たち』です。

 

演出・白井晃×上演台本・ノゾエ征爾の初タッグにより、
ジャン・コクトー原作の中編小説を舞台化。

『恐るべき子供たち』は、『春のめざめ』同様、思春期の少年・少女を主人公に、1929年に上梓した、フランスの詩人・小説家・劇作家 ジャン・コクトーの中編小説で、コクトーの代表作の1つ。小説だけでなく、詩、映画、批評などあらゆるジャンルの文学に精通しているコクトーの作品の中でも、古典文学の悲劇を思わせるという点で最もコクトーらしい作品とも言われています。本作では、劇作家・演出家・俳優として活躍するノゾエ征爾が戯曲化を手がけます。ノゾエは、2012年に『○○トアル風景』により第56回岸田國士戯曲賞を受賞し、自身が主宰する劇団「はえぎわ」での作・演出のほか、舞台、映画、テレビドラマなどでの俳優としての出演など、様々なジャンルで活躍する俳優・劇作家・演出家です。今回が初顔合わせとなる白井晃×ノゾエ征爾が、それぞれ初めて挑むジャン・コクトーの世界にご期待ください。

 

南沢奈央、柾木玲弥、松岡広大の出演で描く、
愛情と憎悪、そして嫉妬に満ちた、思春期の姉弟の歪んだ関係。

外界を知らずに成長し、弟との“王国”を守ろうとし続ける美しい姉・エリザベート役には南沢奈央。姉と共に幼稚で享楽的な価値観のまま成長していく弟のポールに幅広い役柄を演じて’カメレオン俳優’とも呼ばれる柾木玲弥。物語の語り部的役割を担うポールの友人・ジェラール役で、今回初のストレートプレイ出演となる松岡広大。そして、新たに、柾木演じる弟のポールが密かに思いを寄せる、姉・エリザベートの友人・アガート役に、ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」の新人看護師役で注目を集めた馬場ふみかの出演が決定しました。また、子供たちを時に見守り、時に抑圧する”大人達”には、デシルバ安奈、斉藤悠、内田淳子、真那胡敬二ら実力派俳優陣の出演が決定。白井とともに、ジャン・コクトーの名作小説の舞台化に挑みます。

 

3月17日一般チケット発売!!
KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
『恐るべき子供たち』
[日時]5月18日(土)〜6月2日(日)
[会場]KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
▼プレビュー公演
5/18(土)18:00
5/19(日) 15:00
▼本公演
5/21(火)15:00〜
5/22(水)19:30〜
5/23(木)15:00〜
5/24(金)15:00〜
5/25(土)13:00〜★/18:00〜
5/26(日)15:00〜
5/27(月)休演日
5/28(火)15:00〜
5/29(水)19:30〜
5/30(木)15:00〜★
5/31(金)15:00〜
6/1(土)13:00〜/18:00〜
6/2(日)15:00〜
※開場は開演の30分前
※★の回には託児サービスあり(公演1週間前までに要予約・有料。マザーズ TEL.0120-788-222へ)
[休演日]5/20(月)・27(月)
[原作]ジャン・コクトー[コクトー 中条省平・中条志穂:訳「恐るべき子供たち」/光文社古典新訳文庫)
[上演台本]ノゾエ征爾
[演出]白井晃
[出演]南沢奈央、柾木玲弥、松岡広大 馬場ふみか、デシルバ安奈、斉藤悠、内田淳子、真那胡敬二
[料金]
▼プレビュー公演〈5/18(土)・19(日)〉
¥5,000(各種割引料金はございません)
▼本公演〈5/21(火)~6/2(日)〉
一般¥6,500、24歳以下¥3,250、高校生以下割引(高校生以下)¥1,000、シルバー割引(満65歳以上)¥6,000
[主催]KAAT神奈川芸術劇場
[チケット販売]チケットかながわ WEB予約はこちらから!! TEL.0570-015-415(10:00〜18:00)
[TEL]0570-015-415(チケットかながわ/10:00〜18:00)
*公演日程詳細およびチケット販売については、後日、KAAT神奈川芸術劇場の公式サイトにてお知らせします。

 

 

演劇、ミュージカル、ダンスなどの舞台芸術専用の施設。芸術監督に、俳優・演出家の白井晃氏を迎え、演劇、ミュージカル、ダンスなどの優れた舞台芸術作品を創造・発信しています。

(外観写真)©森日出夫

  • ショップ・スポット名
    KAAT 神奈川芸術劇場
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山下町281
  • 電話
    045-633-6500

このスポットの記事

関連記事

  • 三溪園で日本の伝統的なお正月を体験

    開催期間:2019.01.01
  • その名は椿。3人のミューズの美しい音色が響き合うひととき♪

    開催期間:2019.04.24
  • 能楽堂が美術館に変身! 「修羅」がテーマの山口晃展

    開催期間:2019.01.19〜2019.03.23
  • 縄文ファンも、ゆずっこも。一度は訪れたい丘の上の遺跡