mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

新緑に映える重要文化財2棟を公開

春草廬は織田信長の弟・有楽の作といわれる三畳台目の茶室。聴秋閣は二条城内にあったとされ、将軍家光が春日局に下賜したとされる楼閣建築。周囲を樹々で囲まれたこの2棟は、新緑の季節には一際美しく、瀟洒な佇まいをみせます。あわせて、聴秋閣の奥に広がる新緑の遊歩道も開放します。

 

新緑の古建築公開―重要文化財 春草廬・聴取閣
[日時] 4月27日(土)~5月6日(月)9:00~17:00(入園は閉園の30分前まで)
[場所]三溪園
[料金]大人(高校生以上)¥700/こども(小学生・中学生)¥200
[TEL] 045-621-0635
[URL]https://www.sankeien.or.jp/

横浜を支えた産業、生糸貿易で財をなした原 三溪によって、本牧三之谷につくられた日本庭園。園内にある臨春閣や旧燈明寺三重塔などは、重要文化財に指定されています。原氏は、実業家としてだけでなく美術に造詣が深く、新進気鋭の芸術家の支援・育成にも力を注ぎました。横山大観、下村観山、前田青邨などの大家の作品もここで生まれました。梅や桜、ツツジ、紅葉などの名所として知られ、外国人にも人気が高い名園です。

  • ショップ・スポット名
    三溪園
  • 住所
    神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
  • 電話
    045-621-0634
  • 営業時間
    9時〜17時(入園は閉園の30分前まで)
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 口絵をはじめ美人画や芝居絵、肖像画など清方の幅広い画業を紹介

    開催期間:2019.03.02〜2019.04.14
  • コープランドからジョン・ケージまで、アメリカ音楽尽くし!!

    開催期間:2019.04.20
  • 妊娠・出産・子育てのこと楽しく学んで体験しよう!

    開催期間:2019.04.06〜2019.04.07
  • 野毛名物の模擬店も多数出展!食べ歩きしながら迫力のパフォーマンスを

    開催期間:2019.04.27〜2019.04.28