mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

40歳を過ぎてから作家人生が始まった松本清張の多彩な作品世界を紹介

 

戦後日本を代表する作家・松本清張(1909~1992)。その作家人生は、40歳を過ぎてから始まりました。懸賞小説に応募した「西郷札」が入選、直木賞候補に、さらに「或る『小倉日記』伝」で芥川賞を受賞。1958年には『点と線』『眼の壁』が大ベストセラーとなり、一躍人気作家となります。

後半生にあたる約40年間、多岐にわたるジャンルで精力的に筆を執り続け、「ゼロの焦点」「砂の器」、時代小説「かげろう絵図」、ノンフィクション「日本の黒い霧」「昭和史発掘」、古代史論考「古代史疑」清張通史」などの代表作を生み出しました。本展ではその多彩な作品世界を紹介するとともに、清張が照らし出した<時代>を振り返り、現代を生きる私たちへのメッセージを探ります。

 

 

特別展「巨星・松本清張」
[日時]3月16日(土)~5月12日(日)9:30~17:00(入館は16:30)
[会場]神奈川近代文学館 第2・3展示室
[休館日]月曜日(4月29日・5月6日は開館)
[料金]一般¥600、65歳以上・20歳未満及び学生¥300、高校生¥100、中学生以下無料
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(詳しくはお問い合わせください)。
[主催]県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
[TEL]045-622-6666(神奈川近代文学館)
*神奈川近代文学館の公式サイトはこちら!!

当文学館は1984年に開館。この間展覧会としては大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟、武者小路実篤、川端康成、太宰治、吉川英治、山本周五郎など個人作家の展示、鎌倉、横浜、川崎など神奈川を地域別に区分けした文学散歩の展示など50回以上の特別展を開催し、常設展示も含めて、文学の展示活動に力を注いで参りました。

  • ショップ・スポット名
    神奈川近代文学館
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山手町110
  • 電話
    045-622-6666
  • 営業時間
    展示室(有料)9:30〜17:00(入場は16:30まで) 閲覧室(無料)9:30〜18:30(土・日・祝日は17:00まで) 貸会議室・和室・ホール(有料)9:30〜21:00
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 25年続いた「横浜・柳家小満んの会」のファイナル高座、開演です!!

    開催期間:2019.03.16
  • 横浜能楽堂にて、狂言「附子」能「小袖曽我」を上演

    開催期間:2019.03.11
  • 能狂言をより深く楽しむために知っておくべきこととは?

    開催期間:2019.02.22
  • イキのいい二ツ目落語家が集合! 観客投票制の落語会! (4)

    開催期間:2019.02.24