mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

天の川のはてをたずねて旅に出よう!

横浜ではもう見ることができなくなってしまった天の川。でも、晩春の深夜、天の川は空高く昇り、南の海へと流れ下ります。空を大きく流れる宇宙の大河はどこからはじまって、どこまで続いていくのでしょう。南の海へ、地球の向こうへ、そしてはるか宇宙のかなたへ。天の川のはてをたずねて、はるかなる星たちの世界へと旅に出ましょう。

 

生解説「天の川のかなたへ」
[日時]4月1日(月)~5月31日(金)
[場所]はまぎん こども宇宙科学館 1F宇宙劇場(プラネタリウム)
[時間]平日16:00~/土日祝13:45~
※ゴールデンウイーク中、4月27日(土)~5月6日(月・振休)13:45~
[料金]大人¥600/4才~中学生¥300(別途入館料が必要)
※3才以下のお子様でも座席を利用される場合は有料となります。
[TEL]045-832-1166
[URL]http://www.yokohama-kagakukan.jp/planetarium/#schedule

5FからB2まである館全体は、宇宙船をモチーフにしています。
各フロアは、それぞれにコンセプトがあり、宇宙の広がりをさぐる「宇宙船長室」、カミナリやオーロラのふしぎにふれる「宇宙発見室」、“月面ジャンプ”や“空間移動ユニット”が人気の「宇宙トレーニング室」など、体験型展示が豊富です。子どもから大人まで、自分でふれて体感して、楽しく遊びながら宇宙や科学のふしぎにふれることができます。
5Fキャプテンシアターでは、身近なものを使って科学に親しむことができる「サイエンス・ショウ」を土・日・祝日に開催。
宇宙劇場では、直径23mのドーム全体に広がる迫力の映像と、リアルで美しい星がつくりだす、臨場感あふれる宇宙を体験できます。小さなお子さまから大人まで楽しめるプログラムをご用意しています。全ての番組で約15分間、スタッフによる星空の解説を行います。
その他、月に2回程度、星空観察会を開催。実際の星空のもと、星の解説を行ったり、天体望遠鏡を使った観察をします。


【入館料】
大人 400円、小・中学生200円
【宇宙劇場(プラネタリウム)入場料】
大人(高校生以上)600円、小人(4才以上中学生以下)300円
※3才以下のお子様でも座席をご利用の場合は有料。
※宇宙劇場(プラネタリウム)のみご利用の場合も、入館料が必要です。
※団体料金は有料の方30名様以上に適用いたします。

  • ショップ・スポット名
    はまぎん こども宇宙科学館
    施設の情報を見る >
  • 住所
    神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
  • 電話
    045-832-1166
  • 営業時間
    9:30~17:00(最終入館は16:00まで) 【休館日】第1・3火曜日、年末年始、臨時休館
  • 駐車場
    有(乗用車約70台/1回700円) ※車いすをご利用でお手帳をご提示の場合、駐車料金が無料となります。
  • 予約
    ※団体料金は有料の方30名様以上に適用いたします。
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • オッフェンバック作品から近代ミュージカルまで、声楽家・村田望リサイタル

    開催期間:2019.05.26
  • 築300年の古民家に。今年は“世界の風鈴”の音色が響き渡る!

    開催期間:2019.06.11〜2019.06.16
  • 絵画、版画、書道、写真などが大集結!小田原のアートが熱い! [後期]

    開催期間:2019.06.05〜2019.06.09
  • 「まわた」を使って、かわいい「アヒル人形」を作ろう!

    開催期間:2019.08.24〜2019.09.28